研究者
J-GLOBAL ID:200901096434229230   更新日: 2021年04月12日

秋好 健志

アキヨシ タケシ | Takeshi Akiyoshi
所属機関・部署:
職名: 専任講師
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 抗がん剤による薬物トランスポーターの発現変動~メカニズムと薬物体内動態への影響~
  • 2019 - 2022 抗がん剤による薬物トランスポーターの発現変動~メカニズムと薬物体内動態への影響~
  • 2020 - 2021 フェキソフェナジンと各種柑橘類の消化管吸収過程における相互作用リスクの評価
  • 2020 - 2021 標的絶対定量プロテオーム解析を用いた抗がん剤曝露下での薬物輸送担体発現変動解明
  • 2017 - 2019 Epstein-Barr-Virus感染癌細胞におけるmicroRNAを介した転移機構の解明
全件表示
論文 (39件):
  • Yamaguchi Y, Akiyoshi T, Kawamura G, Imaoka A, Miyazaki M, Guengerich FP, Nakamura K, Yamamoto K, Ohtani H. Comparison of the inhibitory effects of azole antifungals on cytochrome P450 3A4 genetic variants. Drug metabolism and pharmacokinetics. 2021. 38. 100384
  • Hibino H, Makino Y, Sakiyama N, Makihara-Ando R, Hashimoto H, Akiyoshi T, Imaoka A, Fujiwara Y, Ohe Y, Yamaguchi M, et al. Exacerbation of atrioventricular block associated with concomitant use of amlodipine and aprepitant in a lung cancer patient: A case report. International journal of clinical pharmacology and therapeutics. 2020. In press. 4. 328-332
  • Morita T, Akiyoshi T, Sato R, Uekusa Y, Katayama K, Yajima K, Imaoka A, Sugimoto Y, Kiuchi F, Ohtani H. Citrus Fruit-Derived Flavanone Glycoside Narirutin is a Novel Potent Inhibitor of Organic Anion-Transporting Polypeptides. Journal of agricultural and food chemistry. 2020. 68. 48. 14182-14191
  • Koinuma K, Tsuchitani T, Imaoka A, Akiyoshi T, Ohtani H. Relative contributions of metabolic enzymes to systemic elimination can be estimated from clinical DDI studies: Validation using an in silico approach. International journal of clinical pharmacology and therapeutics. 2020. In press. 3. 231-238
  • Ohtani H, Nakamura K, Imaoka A, Akiyoshi T. Novel method to estimate the appropriate dosing interval for activated charcoal to avoid interaction with other drugs. European journal of clinical pharmacology. 2020. 76. 11. 1529-1536
もっと見る
MISC (10件):
  • 稲田 理乃, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. CYP2C9遺伝的変異型におけるresveratrolおよびsesaminの阻害特性の比較. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 28P-pm046S
  • 趙 澄絵, 秋好 健志, 渡辺 大智, 関 博行, 今岡 鮎子, 山崎 浩史, 下地 みゆき, 中村 克徳, 大谷 壽一. CYP2C19変異型分子種の代謝活性に及ぼす温度の影響. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 28P-pm026S
  • 岩田 夏美, 秋好 健志, 今岡 鮎子, 大谷 壽一. 静注データを用いない絶対バイオアベイラビリティ推定法の推定精度検証. 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集. 2019. 22回. 99-99
  • 森田 時生, 秋好 健志, 片岡 寛樹, 矢島 広大, 今岡 鮎子, 片山 和浩, 杉本 芳一, 大谷 壽一. ヒト有機アニオン輸送ポリペプチドOATP1A2のpH依存的輸送特性. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 4. 69-69
  • 武田 愛美, 今岡 鮎子, 秋好 健志, 大谷 壽一. テトラサイクリンとアルミニウムの消化管上皮細胞単層膜透過と相互作用. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 4. 122-122
もっと見る
書籍 (3件):
  • MRテキスト2018, 医薬品情報.
    南山堂, 東京 2018
  • MRテキストI, 医薬品情報2012. 2015改訂
    南山堂, 東京 2015
  • MRテキストI, 医薬品情報2012.
    南山堂, 東京 2012
講演・口頭発表等 (103件):
  • CYP2C9 遺伝的変異型における resveratrol および sesamin の阻害特性の比較
    (日本薬学会第 140 年会 2020)
  • CYP2C19 変異型分子種の代謝活性に及ぼす温度の影響.
    (日本薬学会第 140 年会 2020)
  • High and low affinity kinetics of OATP2B1 - Inhibitory potency and pH-dependency of inhibitors
    (日本薬物動態学会 第 34 年会 2019)
  • Identification and characterization of a novel OATP2B1 inhibitor from citrus fruits juice
    (第 13 回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム. 2019)
  • Comparative analysis of CYP2C19 enzyme kinetics among six genetic variants.
    (Asian Association of Schools of Pharmacy Conference. 2019)
もっと見る
受賞 (10件):
  • 2018/09 - 第62回日本薬学会関東支部会 優秀ポスター発表賞 ヒト小腸有機アニオン輸送ポリペプチド OATP1A2 および OATP2B1 の pH sensitive な輸送特性の解析.
  • 2017/09/16 - 第61回日本薬学会関東支部大会 優秀口演発表賞 イリノテカンによる消化管障害がジゴキシンの吸収に与える影響
  • 2017/07 - 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会 学生優秀発表賞 医薬品と活性炭との相互作用の回避のための投与設計法の構築と評価
  • 2017/06 - 日本医療薬学会「第1回フレッシャーズ・カンファランス」 優秀発表賞 5-FU誘発性消化管障害時のジゴキシンの吸収変動
  • 2017/06 - 日本医療薬学会「第1回フレッシャーズ・カンファランス」 優秀発表賞 薬物吸収に対する胃内 pH および食事の影響 -小動物を用いた評価-
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る