研究者
J-GLOBAL ID:200901096737818000   更新日: 2020年07月15日

萬年 一剛

マンネン カズタカ | Mannen Kazutaka
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (2件): 岩石学 ,  火山学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 箱根火山の地下構造・プリニー式噴火の噴煙柱物理
論文 (49件):
  • Mannen Kazutaka, Tanada Toshikazu, Johmori Akira, Akatsuka Takashi, Kikugawa George, Fukazawa Yui, Yamashita Hiroyuki, Fujimoto Koichiro. Source constraints for the 2015 phreatic eruption of Hakone volcano, Japan, based on geological analysis and resistivity structure. Earth, Planets and Space. 2019. 71. 135
  • Mannen Kazutaka, Roman Diana, Leonard Graham, Prejean Stephanie, Nakagawa Mitsuhiro. Special issue "Towards forecasting phreatic eruptions: examples from Hakone volcano and some global equivalents". EARTH PLANETS AND SPACE. 2019. 71. 1
  • Ikehata Kei, Date Minori, Ishibashi Jun-ichiro, Kikugawa George, Mannen Kazutaka. Solid sulfur spherules near fumaroles of Hakone volcano, Japan. INTERNATIONAL JOURNAL OF EARTH SCIENCES. 2019. 108. 1. 347-356
  • Kazutaka Mannen, Yohei Yukutake, George Kikugawa, Masatake Harada, Kazuhiro Itadera, Jun Takenaka. Chronology of the 2015 eruption of Hakone volcano, Japan: geological background, mechanism of volcanic unrest and disaster mitigation measures during the crisis. Earth, Planets and Space. 2018. 70
  • 松島義章, 萬年一剛, 千葉 崇, 野村律夫, 田中源吾, 宮田 眞, 滝澤晶子, 山口麻衣, 鈴木 茂, 遠藤邦彦. 神奈川県鎌倉市で発見された江戸期の特異な堆積物〜津波が関与した可能性の検討〜. 歴史地震. 2018. 33. 167-186
もっと見る
MISC (64件):
  • 萬年 一剛. 地球科学研究者はブラタモリから何を学べるか. 地理. 2019. 64. 4-9
  • 関 香織, 原田 昌武, 安部 祐希, 神田 径, 萬年 一剛, 高倉 伸一, 小山 崇夫, 野口 里奈, 行竹 洋平, 石川 将暉, 深井 雅斗. 箱根大涌谷の3次元比抵抗構造と熱水系. 日本火山学会講演予稿集. 2018. 2018. 0. 169-169
  • 村瀬雅之, 森済, LI Yang, 片野凱斗, 原田昌武, 道家涼介, 萬年一剛, 安部祐希, 竹中潤, 竹中潤, 松島健, 手操佳子, 内田和也, 森田花織, 古賀勇輝, 中元真美, 宮町凛太郎, 市村美沙. 精密水準測量によって検出された箱根火山2015年噴火後の上下変動(2015-2017). 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.SVC41-P26 (WEB ONLY)
  • 板寺 一洋, 萬年 一剛, 道家 涼介. 温度検層データから推定した箱根火山の地温勾配. 神奈川県温泉地学研究所報告 = Bulletin of the Hot Springs Research Institute of Kanagawa Prefecture. 2016. 48. 17-24
  • 萬年 一剛, 瀧 尚子, 吉本 充宏, 及川 輝樹. 日本火山学会による登山者向けパンフレット「安全に火山を楽しむために」の発行. 火山. 2016. 61. 1. 259-262
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1998 筑波大学大学院 地球科学研究科
  • 1990 - 1994 筑波大学 第1学群 自然学類
  • 1987 - 1990 神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校
学位 (2件):
  • 修士(理学) (筑波大学)
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2007/04 - 現在 神奈川県温泉地学研究所 主任研究員 神奈川県技術職員(地質職)
  • 2010/04 - 2011/03 南フロリダ大学 客員研究員
  • 1998/04 - 2007/03 神奈川県温泉地学研究所 技師 神奈川県技術吏員(地質職)
委員歴 (2件):
  • 2018/08 - 現在 大規模噴火時の広域降灰対策ワーキンググループ 委員
  • 2014/07 - 現在 日本火山学会 理事
所属学会 (3件):
IAVCEI ( 国際火山学地球内部化学協会) ,  日本地質学会 ,  日本火山学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る