研究者
J-GLOBAL ID:200901096778775650   更新日: 2021年10月27日

今村 文彦

イマムラ フミヒコ | Imamura Fumihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://irides.tohoku.ac.jp/organization/imamura_fumihiko.htmlhttps://irides.tohoku.ac.jp/eng/organization/imamura_fumihiko.html
研究分野 (3件): 固体地球科学 ,  防災工学 ,  水工学
研究キーワード (4件): 災害科学 ,  海岸工学 ,  防災科学 ,  津波工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2014 - 現在 南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト
  • 2012 - 現在 「次世代スーパーコンピュータ戦略プログラム」分野3 防災・減災に資する地球変動予測 「地震・津波の予測精度の高度化に関する研究」
  • 1993 - 現在 避難行動に関する研究
  • 1989 - 現在 津波防災に関する技術開発
  • 1989 - 現在 水災害に関する防災技術
全件表示
論文 (585件):
  • Fumiyasu Makinoshima, Yusuke Oishi, Takashi Yamazaki, Takashi Furumura, Fumihiko Imamura. Early forecasting of tsunami inundation from tsunami and geodetic observation data with convolutional neural networks. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • Motoaki Sugiura, Ryo Ishibashi, Tsuneyuki Abe, Rui Nouchi, Akio Honda, Shosuke Sato, Toshiaki Muramoto, Fumihiko Imamura. Self-help and mutual assistance in the aftermath of a tsunami: How individual factors contribute to resolving difficulties. PLOS ONE. 2021. 16. 10. e0258325-e0258325
  • Natt Leelawat, Ampan Laosunthara, Jing Tang, Anawat Suppasri, Anat Ruangrassamee, Prasert Akkharaprathompong, Fumihiko Imamura. The 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami: A Message from Japan to Thailand. JOURNAL OF DISASTER RESEARCH. 2021. 16. 6. 908-913
  • Junko Okuyama, Shunichi Funakoshi, Shuji Seto, Yu Fukuda, Kiyoshi Ito, Fumihiko Imamura, Shin-Ichi Izumi. Importance of Psychological Support for Disaster-Affected Adolescents: 10 Years After the Great East Japan Earthquake. JOURNAL OF DISASTER RESEARCH. 2021. 16. 6. 914-921
  • Elisa Lahcene, Ioanna Ioannou, Anawat Suppasri, Kwanchai Pakoksung, Ryan Paulik, Syamsidik Syamsidik, Frederic Bouchette, Fumihiko Imamura. Characteristics of building fragility curves for seismic and non-seismic tsunamis: case studies of the 2018 Sunda Strait, 2018 Sulawesi-Palu, and 2004 Indian Ocean tsunamis. NATURAL HAZARDS AND EARTH SYSTEM SCIENCES. 2021. 21. 8. 2313-2344
もっと見る
MISC (141件):
  • K. Pakoksung, A. Suppasri, A. Muhari, Syamsidik, F. Imamura. Global optimization of a numerical two-layer model using observed data: a case study of the 2018 Sunda Strait tsunami. Geoscience Letters. 2020. 7. 1
  • 山下啓, 菅原大助, 門廻充侍, 有川太郎, 高橋智幸, 今村文彦. 高知県における最大クラスの津波による地形変化と潜在的影響の評価. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2019. Vol.75, No.2, pp.I_685-I_690. 2. I_685-I_690
  • Fumihiko Imamura, Sébastien Penmellen Boret, Anawat Suppasri, Abdul Muhari. Recent occurrences of serious tsunami damage and the future challenges of tsunami disaster risk reduction. Progress in Disaster Science. 2019. 1
  • 中谷直樹, 根本晴美, YI Carine J, 佐藤文子, 新宮古都美, 庄子朋香, 佐藤翔輔, 土屋菜歩, 中村智洋, 成田暁, et al. 東日本大震災による津波避難訓練の有効性. 宮城県公衆衛生学会会誌. 2019. 51. 12
  • 山下啓, 菅原大助, 有川太郎, 鴫原良典, 高橋智幸, 今村文彦. 強い非定常流れにおける飽和浮遊砂濃度を考慮した津波土砂移動モデルの改善. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2018. Vol.74, No.2, pp.I_325-I_330
もっと見る
書籍 (27件):
  • 絆 : 津波からいのちを守るために
    ウェイツ 2021 ISBN:9784904979334
  • 逆流する津波 : 河川津波のメカニズム・脅威と防災
    成山堂書店 2020 ISBN:9784425514618
  • 災害記録を未来に活かす
    2019 ISBN:9784585202820
  • 行動・安全・文化BeSeCu,緊急時,災害時の人間行動と欧州文化相互調査
    フォーラムエイト(株) 2014
  • 「東日本大震災を分析する」震災と人間・まち記録
    明石書店 2013 ISBN:9784750338248
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 仙台大会記念講演
    (感情心理学会仙台大会 2013)
  • Damage due to the 2011 Tohoku earthquake and tsunami, and utilization of computers for mitigation
    (7th Workshop on Sustained Simulation Performance(WSSP) 2013)
  • One Year after the 2011 Great East Japan Earthquake
    (International Symposium on Engineering Lessons Learned from the Giant Earthquake 2012)
  • 日本建築学会 津波の恐ろしさと人々の対応
    (日本建築学会 2012)
  • 創立30周年記念オープンフォーラム
    (日本自然災害学 2011)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1986 - 1989 東北大学 土木工学専攻 博士後期課程
  • 1984 - 1986 東北大学 土木工学専攻博士前期課程
  • 1980 - 1984 東北大学 土木工学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (東北大学)
  • 工学修士 (東北大学)
経歴 (15件):
  • 2020/04 - 現在 関西大学客員教授 (社会安全学部)
  • 2020/04 - 現在 東北大学総長補佐
  • 2014/04 - 現在 東北大学災害科学国際研究所長
  • 2012/04 - 現在 東北大学 災害科学国際研究所(教授)
  • 2007/06 - 現在 政策研究大学院大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2013/04 - 現在 International Award Committee (IAC), American Geophysical Union 委員
  • 2007/03 - 現在 World Scientific, Journal of earthquake and tsunami ,編集委員会 委員
  • 2003/10 - 現在 土木学会,地震工学委員会・海岸工学委員会委員合同小委員会,津波被害推定ならびに軽減技術研究小委員会 小委員長
  • 2002/10 - 現在 International Society for the Prevention and Mitigation of Natural Hazards council member
  • 2002/05 - 現在 日本地震学会 代議委員
全件表示
受賞 (37件):
  • 2021/04 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(科学技術振興部門) リアルタイム災害避難支援システムの市民参加型研究の振興
  • 2020/12 - 復興デザイン会議 復興政策賞
  • 2020/11 - 国土交通省 濱口梧陵国際賞(国土交通大臣賞)
  • 2020/05 - 日本地震工学会 日本地震工学会(論文賞) 2011年東北地方太平洋沖震の津波断層モデルの再検討-津波関連観測データをフル活用した推定
  • 2020/04 - デジタルアーカイブ学会 日本デジタルアーカイブ学会学術賞(研究論文) 東日本大震災の事例から見えてくる震災アーカイブの現状と課題
全件表示
所属学会 (5件):
米国地球物理学会 ,  The Tsunami Society ,  日本自災害学会 ,  地震学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る