研究者
J-GLOBAL ID:200901096800616196   更新日: 2013年04月21日

遠藤 伸子

エンドウ ノブコ | Endo Nobuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  基礎看護学
研究キーワード (4件): 学校保健 ,  看護学 ,  school health ,  nursing
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2011 - 2015 養護診断過程における心理的及び社会的アセスメント指標の開発に関する研究
  • 2011 - 2015 養護診断の体系化に関する基礎的研究
  • 2006 - 2008 A study of a longterm contination effect of a school health education program
  • 2005 - 2007 A study about school internship
  • 1998 - 2006 A study about nursing (yogo) diagnosis development
全件表示
論文 (5件):
MISC (18件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 毎日の執務とその工夫
    第一法規 2013
  • 健康相談活動の理論と実際
    ぎょうせい 2013
  • 学校看護
    2012
  • 改訂 保健室経営マニュアル
    2012
  • 事例から学ぶ養護教諭のヒヤリハット
    2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • 児童生徒のストレスコーピングに関する養護診断の開発
    (第17回日本教護教諭教育学会 2009)
  • 小学校6年生における唾液アミラーゼ活性値とストレスとの関連について
    (第16回日本養護教諭教育学会 2008)
  • 養護診断開発の方途に関する研究 -他領域の診断開発から学ぶ-
    (第3回日本健康相談活動学会 2007)
  • 養護診断開発に関する研究(第四報)
    (第14回日本養護教諭教育学会 2006)
  • 「健康相談活動」に活かすヘルスアセスメントの研究
    (第2回日本健康相談活動学会 2006)
もっと見る
Works (4件):
  • 第6回日本健康相談活動学会シンポジストコーディネーター:健康相談活動の原点を改めて探る
    2010 -
  • 第5回日本健康相談活動学会シンポジストコーディネーター :どのように見立てるか、どのように繋げるか
    2009 -
  • 第16回日本養護教諭教育学会シンポジスト:健康相談活動において“養護教諭がからだを見る視点”
    2008 -
  • 第2回日本健康相談活動学会シンポジスト:日々の実践を軸とした教育科学としての健康相談活動を探る「健康相談活動学」構築への期待
    2006 -
学歴 (1件):
  • 女子栄養大学
学位 (1件):
  • 保健学博士
受賞 (1件):
  • 学校メンタルヘルス学会 優秀論文賞 小学生の唾液中アミラーゼ活性と精神的ストレスの関連性について
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る