研究者
J-GLOBAL ID:200901096846551161   更新日: 2019年11月28日

岡松 暁子

オカマツ アキコ | Okamatsu Akiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 国際法学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2023 岡松参太郎を起点とする帝国と植民地における法実務と学知の交錯
  • 2017 - 2021 アジア太平洋地域における地域・特性に適したCCS包括的法規制の構築に関する研究
  • 2016 - 2021 北極国際法秩序の構想:科学・環境・海洋・組織
  • 2017 - 2020 「水資源」の衡平利用と損害防止法理の再構築:河川・海洋をめぐる法原則の新展開
  • 2015 - 2020 原子力技術・機器の国際的移転問題
全件表示
論文 (21件):
  • 岡松暁子. 「国際原子力機関の保障措置」. 『軍縮・軍備管理』. 2017. 127-142
  • Yasuko Kasai, Setsuko Aoki, Akiko Aizawa, Akiko Okamatsu, Tomohiro Sato, Masami Onoda, Brian Alan Johnson. Policy and Earth Observation Innovation Cycle (PEOIC) Project (Japan). Satellite Earth Observations and Their Impact on Society and Policy. 2017. 31-60
  • 岡松 暁子. 欧州連合(EU)の地球温暖化対策 (特集 ポスト京都議定書の法政策(3)二〇二〇年以降の新枠組みの構築). 環境法研究. 2016. 41. 88-101
  • 岡松 暁子. 「国境を越える核関連物質・機器の国際管理」. 『境界線の法と政治』. 2016. 105-131
  • 岡松 暁子. 「国際原子力機関(IAEA)の安全基準と原発事故-国際法上の観点から」. 『論究ジュリスト』. 2016. 19. 66-73
もっと見る
MISC (5件):
  • Bin Yang, Dawei Ding, Mitsuhiro Umezu, Claude Patrick Siegenthaler, Yong-Seung Park. Humanistic Management Education in Asia: Responsible Management Education in Asian Business Schools for the Changing Era (Cases from China, Japan, and Korea). Business Schools Under Fire : Humanistic Management Education as the Way Forward. 2011. 323-339
  • 環境影響評価-パルプミル事件. 国際法判例百選<第2版>. 2011. 162-163
  • 「沖縄ジュゴン『自然の権利』訴訟」. 『環境法研究』. 2007. 32. 179-185
  • 「MOX工場事件:国際海洋法裁判所暫定措置命令」. 『環境法研究』. 2004. 29. 113-120
  • 「原子力平和協力協定と米国の核不拡散政策-米・ユーラトム原子力平和協力協定を中心に-」. 『日本エネルギー法研究所月報』. 1999. 136. 1-4
書籍 (6件):
  • 『環境法へのアプローチ 第二版』
    成文堂 2012 ISBN:9784792332945
  • 『環境と法-国際法と諸外国法制の論点-』
    三和書籍 2010
  • 『演習ノート 環境法』
    法学書院 2010
  • 『確認環境法用語230』
    成文堂 2009
  • 『環境法へのアプローチ』
    成文堂 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 「NPTの軌跡と展望」
    (国際法学会 2018)
  • “ITLOS and the Protection of Environment”
    (第3回 海洋法に関する国際シンポジウム 2017)
  • “Nuclear Accident and Marine Environment”
    (KIOST International Seminar on Ocean Sciences Diplomacy (ISOSD) 2016)
  • “Non-Arctic state scientific perspective” “Japan's perspective: Conflict between International Law and Domestic Law on the Vessel-Source Pollution in the Arctic”
    (2015 North Pacific Arctic Conference on The Arctic in the Wider World 2015)
  • “Nuclear Energy and Transboundary Air Pollution”
    (United Nations Environmental Programme (UNEP) Montevideo Programme Environmental Law Seminar: Law to Regulate Air Pollution and Protect Earth’s Atmosphere 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1997 - 2002 上智大学大学院 法学研究科 法律学専攻
学位 (1件):
  • 修士 (上智大学)
経歴 (7件):
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 ハーバード・ロー・スクール・客員研究員
  • 2013/04/01 - 法政大学人間環境学部・教授
  • 2008/04/01 - 2013/03/31 法政大学人間環境学部・准教授
  • 2006/04/01 - 2008/03/31 尚美学園大学総合政策学部・専任講師
  • 2005/04/01 - 2006/03/31 海洋政策研究財団・研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2016 - 国際法学会 研究大会運営委員
  • 2013 - 環境法政策学会 企画運営委員
所属学会 (6件):
日本国際政治学会 ,  環境法政策学会 ,  世界法学会 ,  アメリカ国際法学会 ,  国際法協会 ,  国際法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る