研究者
J-GLOBAL ID:200901097026918083   更新日: 2021年10月22日

中嶌 圭

ナカジマ ケイ | Kei Nakajima
所属機関・部署:
職名: 臨床助教
ホームページURL (1件): http://www.yamanashi-hematology.com/
研究分野 (1件): 血液、腫瘍内科学
研究キーワード (2件): 低酸素応答/骨髄増殖性疾患/骨髄線維化 ,  悪性リンパ腫 / 解糖系 / へキソキナーゼ / NF-κB / 抗がん剤耐性
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 悪性リンパ腫における腫瘍性糖代謝とNF-κΒ活性化のクロストークの検証
  • 2019 - 2022 悪性リンパ腫における腫瘍性糖代謝とNF-κΒ活性化のクロストークの検証
  • 2012 - 2015 骨髄増殖性腫瘍における低酸素エピゲノム応答機序とその破綻の解明
論文 (9件):
  • 松浦 未乃莉, 輿石 めぐみ, 鈴木 潤, 鈴木 愛, 川島 一郎, 中嶌 圭, 桐戸 敬太, 著者情報. 多彩な自己免疫異常と骨髄線維症を併発した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫. 臨床血液. 2020. 61. 2. 110-115
  • Nakajima K, Kawashima I, Koshiisi M, Kumagai T, Suzuki M, Suzuki J, Mitsumori T, Kirito K. Glycolytic enzyme hexokinase II is a putative therapeutic target in B-cell malignant lymphoma. Experimental hematology. 2019. 78. Oct 2019. 46-55
  • Ichiro Kawashima, Hiroko Fukasawa, Kazunari Kasai, Takuma Kumagai, Megumi Koshiishi, Kei Nakajima, Tetsuo Kondo, Akihiko Hashi, Shuji Hirata, Keita Kirito. Bone Marrow Invasion of Small Cell Neuroendocrine Carcinoma of the Endometrium: A Diagnostic Pitfall Mimicking a Haematological Malignancy. INTERNAL MEDICINE. 2019. 58. 17. 2561-2568
  • Kawashima I, Kumagai T, Suzuki M, Suzuki J, Koshiishi M, Nakajima K, Kirito K. Molecular response of CSF3R T618I harboring chronic neutrophilic leukemia after induction chemotherapy linked to cord blood transplantation. Ann Hematol. 2019. 98. 9. 2249-2250
  • Ichiro Kawashima, Katsuhiro Takano, Takuma Kumagai, Megumi Koshiishi, Saori Oishi, Yuki Sueki, Kei Nakajima, Toru Mitsumori, Keita Kirito. Combined Coagulopathy Can Induce Both Hemorrhagic and Thrombotic Complications in Multiple Myeloma. INTERNAL MEDICINE. 2018. 57. 22. 3303-3306
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • ボルテゾミブベースの化学療法を受けた多発性骨髄腫患者に対するラスブリカーゼの効果
    (第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021)
  • Aberrant regulation of extracellular matrix homeostasis by JAK2V617F
    (JSH2020 2020)
  • Aberrant Activation of NF-κB and Hypoxia Enhances Glycolytic Enzyme Hexokinase II Expression in B-Cell Lymphoma through Activation of HIF-1
    (ASH annual meeting 2017 2017)
  • Panobinostat reverses hypoxia-induced hexokinase2- dependent cisplatin resistance in lymphoma cells
    (JSH2017 2017)
学歴 (2件):
  • - 2019 山梨大学 先進医療科専攻
  • 1998 - 2004 富山医科薬科大学 医学科
学位 (2件):
  • 医学士 (富山医科薬科大学)
  • 博士(医学) (山梨大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04/01 - 山梨大学医学部附属病院 腫瘍センター 臨床助教
  • 2018/04/01 - 2019/03/31 山梨大学医学部 血液・腫瘍内科 助教
  • 2006/10 - 山梨大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科 医員
  • 2006/04 - 2006/09 財団法人身延山病院 内科 医員
  • 2004/04 - 2006/03 山梨大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター
所属学会 (4件):
日本内科学会 ,  日本血液学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本造血細胞移植学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る