研究者
J-GLOBAL ID:200901097071692584   更新日: 2020年09月01日

野々村 賢一

ノノムラ ケンイチ | Nonomura Kenichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://nonomuralab-nig.sakura.ne.jp/top_j.htmlhttp://nonomuralab-nig.sakura.ne.jp/top_e.html
研究分野 (1件): 遺伝育種科学
研究キーワード (10件): 生殖 ,  減数分裂 ,  人工染色体 ,  動原体 ,  イネ ,  Reproduction ,  Meiosis ,  Artificial Chromosome ,  Centromere ,  Rice
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2019 - 2021 減数分裂におけるイネ異種ゲノム間の染色体認識機構の研究
  • 2018 - 2021 植物減数分裂のエピジェネティック制御と生殖細胞-体細胞間相互作用の解析
  • 2017 - 2019 イネ属種間雑種の減数分裂に起因する生殖隔離機構の研究
  • 2017 - 2018 イネ種間雑種で生じる減数分裂異常の分子基盤解明に向けたRNA発現プロファイル解析
  • 2015 - 2018 分化初期における植物生殖細胞の単離法の確立
全件表示
論文 (55件):
  • Saori Araki, Ngoc Tu Le, Koji Koizumi, Alejandro Villar-Briones, Ken-Ichi Nonomura, Masaki Endo, Haruhiko Inoue, Hidetoshi Saze, Reina Komiya. miR2118-dependent U-rich phasiRNA production in rice anther wall development. Nature communications. 2020. 11. 1. 3115-3115
  • Sae Shimizu-Sato, Katsutoshi Tsuda, Misuzu Nosaka-Takahashi, Toshiya Suzuki, Seijiro Ono, Kim Nhung Ta, Yuri Yoshida, Ken-Ichi Nonomura, Yutaka Sato. Agrobacterium-Mediated Genetic Transformation of Wild Oryza Species Using Immature Embryos. Rice (New York, N.Y.). 2020. 13. 1. 33-33
  • Matt Shenton, Masaaki Kobayashi, Shin Terashima, Hajime Ohyanagi, Dario Copetti, Tania Hernández-Hernández, Jianwei Zhang, Nobuko Ohmido, Masahiro Fujita, Atsushi Toyoda, et al. Evolution and Diversity of the Wild Rice Oryza officinalis Complex, across Continents, Genome Types, and Ploidy Levels. Genome biology and evolution. 2020. 12. 4. 413-428
  • 野々村 賢一. 小分子RNAを介した植物の減数分裂制御機構の研究. アグリバイオ. 2020. 4. 3. 200-203
  • Shigeru Hanamata, Jumpei Sawada, Seijiro Ono, Kazunori Ogawa, Togo Fukunaga, Ken-Ichi Nonomura, Seisuke Kimura, Takamitsu Kurusu, Kazuyuki Kuchitsu. Impact of Autophagy on Gene Expression and Tapetal Programmed Cell Death During Pollen Development in Rice. Frontiers in plant science. 2020. 11. 172-172
もっと見る
MISC (12件):
  • 谷尾侑香, ORN Chhourn, 秋本正博, 宍戸理恵子, HTUN Than Myint, PHAN Phuong, Dang Thai, 野々村賢一, 小出陽平, 石川亮, et al. 熱帯アジアにおける栽培イネから野生イネへの遺伝子流動について. 育種学研究. 2018. 20. 131
  • 瀬良ゆり, 花俣繁, 坂本真吾, 小野聖二郎, 三井悠大, 金古堅太郎, 佐生愛, 北畑信隆, 佐治光, 藤田直子, et al. イネの種子登熟におけるオートファジーの役割. 超分散知能システム研究部門平成29年度研究成果概要集. 2018. 33-36
  • Seijiro Ono, Katsutoshi Tsuda, Keisuke Tanaka, Takuji Sasaki, Ken-ichi Nonomura. Production of meiotic phasiRNAs is depended on TTM transcription factor in anther tapetum of rice. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2016. 91. 6. 355-355
  • 来須 孝光, 瀬良 ゆり, 陶 文紀, 澤田 隼平, 花俣 繁, 坂本 真吾, 小野 聖二郎, 岡咲 洋三, 徳永 京也, 小嶋 美紀子, et al. イネのオートフジーのイメージングと発生・代謝制御における役割の解析. バイオイメージング. 2016. 25. 2. 121-121
  • Kenichi Nonomura. Genetic regulatory systems mediated by RNA-binding proteins and cell-cell communication in plant meiosis. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2012. 87. 6. 392-392
もっと見る
書籍 (4件):
  • Rice Genomics, Genetics and Breeding
    Springer 2018
  • 種子の科学とバイオテクノロジー
    学会出版センター 2009
  • Rice Biology in the Genomics Era (Hirano HY eds.)
    Springer 2008
  • イネゲノム配列で何ができるのか
    農山漁村文化協会 2004
講演・口頭発表等 (48件):
  • Callose accumulation at onset of meiosis is crucial for normal meiosis progression in Rice
    (日本育種学会第137回講演会 2020)
  • 栽培イネと野生イネにおけるインプリントームの比較
    (日本育種学会第137回講演会 2020)
  • イネ属ゲノム種間雑種の減数分裂期の葯を用いたトランスクリプトーム解析
    (日本育種学会第137回講演会 2020)
  • イネ染色体添加系統におけるゲノムの高次構造解析
    (日本育種学会第137回講演会 2020)
  • 植物の減数分裂を促進する遺伝的メカニズムの解明に向けて
    (南九州大学 特別講演 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1996 九州大学大学院 遺伝子資源工学専攻 博士後期課程
  • 1990 - 1992 九州大学大学院 遺伝子資源工学専攻 修士課程
  • 1986 - 1990 九州大学農学部農学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (九州大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2019/01 - 現在 国立遺伝学研究所 遺伝形質研究系 植物細胞遺伝研究室 准教授
  • 2005/11 - 2018/12 国立遺伝学研究所 実験圃場 准教授
  • 1996/10 - 2005/10 国立遺伝学研究所 実験圃場 助教
  • 1995/04 - 1996/09 かずさDNA研究所 共同研究員
  • 1993/04 - 1995/03 日本学術振興会 特別研究員(DC)
委員歴 (8件):
  • 2016/08 - 現在 日本遺伝学会誌 編集委員
  • 2016/04 - 現在 日本メンデル協会誌(キトロギア) 編集委員
  • 2015/01 - 現在 日本遺伝学会 国内庶務幹事
  • 2013/04 - 2015/03 日本遺伝学会 会計監事
  • 2012/12 - 2014/11 学振科学研究費委員会 専門委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014 - 日本学術振興会 科研費審査委員の表彰
  • 2006 - 日本育種学会 日本育種学会奨励賞受賞 イネ生殖細胞形成過程を制御する遺伝子群の単離と機能解析
所属学会 (7件):
日本分子生物学会 ,  日本育種学会 ,  Inernational Association of Sexual Plant Reproduction Research ,  日本メンデル協会 ,  日本植物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る