研究者
J-GLOBAL ID:200901097235114730   更新日: 2020年06月09日

川﨑 健夫

カワサキ タケオ | TAKEO KAWASAKI
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (4件): 粒子加速器 ,  ニュートリノ ,  標準理論 ,  素粒子の対称性
論文 (20件):
  • S. Sandilya, K. Trabelsi, T. Kawasaki, Belle collaboration. Search for the lepton-flavor-violating decay B0→K∗0μ±e∓. Physical Review. 2018. D98. 071101
  • A. Sibidanov, K.E. Varvell, I. Adachi, T.Kawasaki, Belle collaboration. Search for B-→μ-ν ̄μ Decays at the Belle Experiment. Physical Review Letters. 2017. 121. 3. 031801
  • D. Dutta, K.Adamczyk, T.Kawasaki. Belle II Silicon Vertex Detector. Journal of Instrumentation. 2017. 02. C02074. 12
  • T. Abrahão, H. Almazan, T. Kawasaki, e, l, Double Chooz collaboration. Cosmic-muon characterization and annual modulation measurement with Double Chooz detectors. Journal of Cosmology and Astroparticle Physics. 2017. 1702. 2. 017
  • P. Vanhoefer, J. Dalseno, T. Kawasaki, B, lle collaboration. Study of B0→ρ+ρ- decays and implications for the CKM angle φ2. Physical Review. 2016. 93. 3. 032010
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Sterile Neutrino Experiments at Accelerator
    (Rencontres du Vietnam, Neutrino Workshop 2017)
  • 粒子線CT:測定器開発による医学と物理のシナジー
    (研究会・医学物理セミナー「放射線科学の新展開」 2015)
  • 粒子線CTのための シリコンストリップ検出器の開発
    (研究会・H26年度HIMAC共同利用研究成果発表会 2015)
  • High Rate Silicon Tracker for Proton Computed Tomography
    (IEEE, Nuclear Science symposium and Medical Imaging conference 2014)
  • Double Chooz実験の最新結果
    (日本物理学会秋季分科会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1999 大阪大学 理学研究科 物理学専攻
  • 大阪大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2015/04/01 - 北里大学理学部・教授
  • 2010/04/01 - 2015/03/31 新潟大学理学部・准教授
  • 2007/04/01 - 2010/03/31 新潟大学理学部・助教(職名変更)
  • 2004/12/01 - 2007/03/31 新潟大学理学部・助手
  • 1999/12/01 - 2004/11/30 新潟大学自然科学研究科・助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2011/09/01 - 2012/09/30 日本物理学会 素粒子実験領域運営委員
  • 2003/04/01 - 2004/03/31 高エネルギー物理学研究者会議 会議事務局・高エネルギーニュース編集委員長
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  高エネルギー物理学研究者会議 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る