研究者
J-GLOBAL ID:200901097428366729   更新日: 2020年09月18日

五島 正裕

ゴシマ マサヒロ | Goshima Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.nii.ac.jp/faculty/architecture/goshima_masahiro/
研究分野 (2件): 計算機システム ,  計算機システム
研究キーワード (6件): システム アーキテクチャ ,  コンピューティング システム ,  プロセッサ アーキテクチャ ,  マイクロアーキテクチャ ,  コンピュータ アーキテクチャ ,  ディジタル回路
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2021 次世代インターネットに向けた低消費電力かつ低遅延なルータパケット処理技術の検証
  • 2017 - 2021 生産性と性能を両立する共有メモリ型大規模並列計算基盤
  • 2018 - 2019 低電圧安定動作を実現するクロッキング方式の実証
  • 2016 - 2019 平均遅延での動作を可能とするクロッキング方式の実証
  • 2014 - 2015 (なし)
全件表示
論文 (77件):
  • Susumu Mashimo, Akifumi Fujita, Reoma Matsuoz, Seiya Akaki, Akifumi Fukuda, Toru Koizumi, Junichiro Kadomoto, Hidetsugu Irie, Masahiro Goshima, Koji Inoue, et al. An Open Source FPGA-Optimized Out-of-Order RISC-V Soft Processor. Int'l Conf. on Field Programmable Technology (FPT). 2019. 63-71
  • 飯田 凌大, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 津邑 公暁. 一貫性検証手法の動的切り替えによるソフトウェアトランザクショナルメモリの高速化. xSIG 2019 (cross-disciplinary workshop on computing Systems, Infrastructures, and programminG). 2019
  • 神保 潮, 塩谷 亮太, 五島 正裕. Rocket に対するタイミング故障検出・回復の適用. xSIG 2019 (cross-disciplinary workshop on computing Systems, Infrastructures, and programminG). 2019
  • 小林 龍之介, 二間瀬 悠希, 多治見 知紀, 塩谷 亮太, 五島 正裕, 津邑 公暁. トランザクショナルメモリにおけるメモリアクセスパターンを考慮したポリシー動的切り替え手法. xSIG 2019 (cross-disciplinary workshop on computing Systems, Infrastructures, and programminG). 2019
  • Yuki Futamase, Masaki Hayashi, Tomoki Tajimi, Ryota Shioya, Masahiro Goshima, Tomoaki Tsumura. An Analysis and a Solution of False Conflicts for Hardware Transactional Memory. 25th IEEE Int'l Conf. on Electronics Circuits and Systems (ICECS). 2018. 529-532
もっと見る
MISC (85件):
  • Masahiro Goshima. A clocking scheme that enables operations based on typical-case delays. The Innovation Platform. 2020. 2. 152-155
  • Masahiro Goshima. Verification of a clocking scheme that enables operation based on typical-case delays. Impact. 2019. 2019. 10. 50-52
  • Masahiro Goshima, Yasuhiko Nakashima, Jacir Bordim, Michihiro Koibuchi, Satoshi Fujita, Koji Nakano. Message from the Organizers. Proceedings - 2018 6th International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2018. 2018
  • Masahiro Goshima, Koji Nakano, Yasuhiko Nakashima, Jacir Bordim, Satoshi Fujita. Message from general and program chairs. Proceedings - 2017 5th International Symposium on Computing and Networking, CANDAR 2017. 2018. 2018-January
  • 鯉渕 道紘, 五島 正裕. コンピュータシステム・アーキテクチャ分野のグローバル化戦略. 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン. 2017. 40(第十巻第四号). 230-234
もっと見る
特許 (5件):
  • 半導体集積回路
  • INFORMATION PROCESSING DEVICE, INFORMATION PROCESSING METHOD, AND COMPUTER READABLE RECORDING MEDIUM
  • 集積回路装置
  • 半導体集積回路
  • 情報処理装置、情報処理方法及びこれを実現させるためのプログラム
書籍 (4件):
  • 知識ベース「知識の森」
    電子情報通信学会 2019
  • コンピュータ・システム:プログラマの視点から
    丸善出版 2019 ISBN:4621302019
  • 電子通信情報系 コアテキストシリーズ
    コロナ社 2017
  • ディジタル回路
    数理工学社 2007
講演・口頭発表等 (15件):
  • NII 研究 100連発「プロセッサはまだまだ速くなる」
    (NII オープンハウス 2018 2018)
  • 逆方向カット・エッジのない最小カットを求めるアルゴリズムの改良
    (情報処理学会 研究報告 2018)
  • 「アーキテクチャの乱」は本物か?
    (東京大学 大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 専攻講演会 2017)
  • 講話
    (RISC-V Day 2017 Tokyo, Reception 2017)
  • あなたの回路を倍速に ~ばらつきが問題になる時代のクロッキング~
    (国立情報学研究所 産官学連携交流会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1996 京都大学 情報工学専攻 博士後期課程
  • 1992 - 1994 京都大学 情報工学専攻 修士課程
  • 1988 - 1992 京都大学 情報工学科
学位 (1件):
  • 博士(情報学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2014/04 - 現在 国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授
  • 2013/04 - 2018/03 株式会社半導体エネルギー研究所 技術顧問
  • 2016/04 - 2017/03 東京大学 情報理工学系研究科 非常勤講師
  • 2014/04 - 2014/09 東京大学 工学部 非常勤講師
  • 2005/04 - 2014/04 東京大学 情報理工学系研究科 准教授
全件表示
委員歴 (40件):
  • 2015/10 - 現在 情報処理学会 2015年度 シニア会員
  • 2015/06 - 現在 情報処理学会 論文誌シニア査読委員
  • 2018/04 - 2022/03 情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会 運営委員
  • 2019/04 - 2020/11 CANDAR (Int'l Symp. on Computing and Networking) PC member
  • 2018/04 - 2020/11 CSA (Int'l Workshop on Computer Systems and Architectures) PC member
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/01 - 情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会 The 1st IPSJ SIG-ARC High-Performance Processor Design Contest プロフェッショナル部門 優勝
  • 2003 - 先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS 2003 優秀学生論文賞 (共著)
  • 2002/05 - 情報処理学会 論文賞 スーパースケーラのための高速な動的命令スケジューリング方式 (Vol.42,No.SIG9)
  • 2001/03 - 情報処理学会 山下記念研究賞 スーパースケーラのための高速動的な命令スケジューリング方式 (2001-ARC-142)
所属学会 (2件):
IEEE ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る