研究者
J-GLOBAL ID:200901097434022608   更新日: 2020年09月01日

青山 喜久子

アオヤマ キクコ | Aoyama Kikuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (2件): 家政学一般 ,  Home Sciense (cloth Rnoiroment)
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2002 - 2008 先引きローラー付下送りミシンの布送り効果とシームパッカリング防止に関する研究
  • 2002 - 2008 Effect of Puller Feed on the Prevention of Seam Pucker
  • 2000 - 2007 上下差動送りミシンによるいせ込み縫製に関する研究
  • 2000 - 2007 Study on Easing using Bottom and Variable Top Feed Double Chainstitch Industrial Sewing Machine
  • 2001 - 2006 A Study on Preventing Sewing Slippage of Top and Bottom Fabrics by the Bottom and Variable Top Feed Mechanism
全件表示
MISC (32件):
  • 第3版 繊維便覧. 丸善. 2004
  • 家政学事典. 朝倉書店. 2004
  • Handbook of Textile Fiber -Three Editions. MARUZEN. 2004
  • Dictionary of Home Economic Terms. ASAKURA SYOTEN. 2004
  • 既製服の素材と縫製品の欠損について. 家庭科教育. 2002. 76(12), pp61-65
もっと見る
書籍 (12件):
  • アパレル構成学-着やすさと美しさを求めて-
    朝倉書店 2004
  • Apparel Construction
    ASAKURA SYOTEN 2004
  • 社会福祉専門職ライブラリー介護福祉編 新・家政学概論
    誠信書房 2002
  • Introduction of Home Economics
    SEISHIN SHOBO 2002
  • 衣生活学-生活科学シリーズ-
    朝倉書店 2000
もっと見る
Works (10件):
  • 差動上下送りミシンによる縫いずれ防止縫製に関する研究
    2000 -
  • 上下差動送りミシンによるいせ込み縫製に関する研究
    2000 -
  • A Study on Preventing Sewing Slippage of Top and Bottom Fabrics by the Bottom and Variable Top Feed Mechanism
    2000 -
  • Studies on Easing by the Bottom and Variable Top Feed Sewing Machine
    2000 -
  • 二重環縫ミシン縫製における動的縫糸張力とシームの縫糸消費長および伸長性について
    1989 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1977 日本女子大学 被服
  • - 1977 日本女子大学
学位 (1件):
  • 博士(学術) (日本女子大学大学院)
経歴 (5件):
  • 1998 - 2003 1998-2003教授)
  • 1985 - 2003 金城学院大学(1985-1990講師、1990-1998助教授
  • 1985 - 2003 金城学院大学
  • 1977 - 1985 日本女子大学 助手
  • 1977 - 1985 日本女子大学
委員歴 (2件):
  • 1989 - 2004 日本家政学会 中部支部幹事
  • 2004 - 日本繊維製品消費科学会 東海支部幹事
受賞 (1件):
  • 1986 - 日本繊維製品消費科学会奨励賞
所属学会 (4件):
日本繊維機械学会 ,  日本家政学会 ,  繊維学会 ,  日本繊維製品消費科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る