研究者
J-GLOBAL ID:200901097507503901   更新日: 2020年05月13日

永井 弘人

ナガイ ヒロト | Nagai Hiroto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.st.nagasaki-u.ac.jp/laboratories/nagai/http://www.st.nagasaki-u.ac.jp/english/
研究分野 (1件): 航空宇宙工学
研究キーワード (11件): 流体構造連成 ,  振動工学 ,  非線形解析 ,  フラッター ,  モーフィング ,  空力弾性学 ,  昆虫 ,  MAV ,  低レイノルズ数 ,  非定常流 ,  羽ばたき飛行
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 生物の柔軟多機能設計を規範とした羽ばたき型超小型飛翔体の複合領域解析技術の確立
  • 2017 - 2020 航空機構造への適用を目指した低コスト成形CNT層間強化型熱可塑性CFRPの研究
  • 2015 - 2018 空力性能を向上させるモーフィング羽ばたき翼構造システムの開発
  • 2012 - 2015 羽ばたき翼の高効率断面形状に関する研究
  • 2010 - 2011 昆虫を参考にした高効率羽ばたき翼断面形状の研究開発
全件表示
論文 (7件):
MISC (74件):
  • 中川 雄太, 小田 壮士, 宇田 暢秀, 新本 康久, 永井 弘人, 小野 幸生, 武田 真一. CF/PPS熱可塑性複合材料のモードI,II層間破壊特性に与える成形冷却速度の影響 (熱可塑複合材料特集号). 日本複合材料学会誌. 2019. 45. 6. 242-250
  • 松川杏平, 宇田暢秀, 永井弘人, 平川裕一, 永安忠. CT試験を用いたCFRPの界面特性評価. 構造強度に関する講演会講演集. 2018. 60th. 196-198
  • 山崎智裕, 矢代茂樹, 吉村彰記, 永井弘人. 二重端面切欠き引張試験に及ぼすはく離面の摩擦の影響. 構造強度に関する講演会講演集. 2018. 60th. 40-42
  • 小田壮士, 宇田暢秀, 永井弘人, 平川裕一, 永安忠. CFRTP積層板のモードI,II層間破壊特性に与える成形冷却速度の影響. 構造強度に関する講演会講演集. 2018. 60th. 52-54
  • Kim Taeyoung, 永井 弘人, 小野 幸生, 宇田 暢秀, 大屋 裕二, Kim Taeyoung, Nagai Hiroto, Ono Kousei, Uda Nobuhide, Ohya Yuji. Two-Dimensional Aeroelastic Analysis of a Brimmed-Diffuser Shroud with Composite Material for a Wind Turbine. 宇宙航空研究開発機構特別資料 = JAXA Special Publication: Proceedings of the First International Symposium on Flutter and its Application. 2017. 16. 747-756
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2008 東北大学 工学研究科 バイオロボティクス専攻
  • - 2004 九州大学 工学研究科 航空宇宙工学専攻
  • - 2002 九州大学 工学部 航空工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東北大学)
  • 修士(工学) (九州大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 長崎大学 准教授
  • 2013/04 - 2020/03 九州大学 助教
  • 2011/04 - 2013/03 日本文理大学 准教授
  • 2009/04 - 2011/03 日本文理大学 助教
  • 2008/04 - 2009/03 九州工業大学 宇宙環境技術研究センター 博士研究員
受賞 (2件):
  • 2013/08 - 日本航空宇宙学会 構造強度に関する講演会 若手奨励賞
  • 2006/09 - 日本航空宇宙学会 流体力学講演会学生プレゼンテーション賞
所属学会 (3件):
アメリカ航空宇宙学会 ,  日本機械学会 ,  日本航空宇宙学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る