研究者
J-GLOBAL ID:200901097532900001   更新日: 2020年06月08日

高木 博史

タカギ ヒロシ | Takagi Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://bsw3.naist.jp/takagi/takagi-j.html
研究分野 (3件): 応用分子細胞生物学 ,  応用生物化学 ,  応用微生物学
研究キーワード (2件): ストレス微生物科学 ,  応用微生物学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2018 - 2021 機能性アミノ酸高含有酵母の育種技術を活用した発酵・醸造食品の高付加価値化および海外ブランド化
  • 2018 - 2019 ロバスト性微生物およびシンプル生産プロセスの開発
  • 2014 - 2019 活性酸素生成の時空間的制御と細胞機能調節
  • 2013 - 2016 酵母における一酸化窒素の生成機構と生理的役割の解明
  • 2013 - 2016 酵母のアセチル化酵素Mpr1による細胞内抗酸化系の新しい制御機構
全件表示
論文 (26件):
  • D. Watanabe, T. Kajihara, Y. Sugimoto, K. Takagi, M. Mizuno, Y. Zhou, J. Chen, K. Takeda, H. Tatebe, K. Shiozaki, N. Nakazawa, S. Izawa, T. Akao, H. Shimoi, T. Maeda, H. Takagi. Nutrient signaling via the TORC1-Greatwall-PP2AB55δ pathway responsible for the high Initial rates of alcoholic fermentation in sake yeast strains of Saccharomyces cerevisiae. Applied and Environmental Microbiology. 2019. doi:10.1128/AEM.02083-18
  • D. Watanabe, H. Sekiguchi, Y. Sugimoto, A. Nagasawa, N. Kida, H. Takagi. Importance of proteasome gene expression during model dough fermentation after freezing preservation of baker’s yeast cells. Applied and Environmental Microbiology. 2019. 84. 12. e00406-18-doi: 10.1128/AEM.00406-18
  • D. Hagiwara, H. Takahashi, H. Takagi, A. Watanabe, K. Kamei. Heterogeneity in pathogenicity-related properties and stress tolerance in Aspergillus fumigatus clinical isolates. Medical Mycology Journal. 2018. 59. 4. E63-E70
  • D. T. Minh, H. Takagi, Y. Kimata. Categorization of endoplasmic reticulum stress as accumulation of unfolded proteins or membrane lipid aberrancy using yeast Ire1 mutants. Bioscience Biotechnology, and Biochemistry. 2018. doi: 10.1080/09168451.2018.153
  • M. Oomuro, D. Watanabe, Y. Sugimoto, T. Kato, Y. Motoyama, T. Watanabe, H. Takagi. Accumulation of intracellular S-adenosylmethionine increases the fermentation rate of bottom-fermenting brewer's yeast during high-gravity brewing. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2018. 126. 736-741
もっと見る
MISC (44件):
もっと見る
特許 (16件):
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
もっと見る
書籍 (3件):
  • 酵母の生命科学と生物工学 : 産業応用から基礎科学へ
    化学同人 2013 ISBN:9784759815085
  • タンパク質工学の基礎, 松澤 洋編
    東京化学同人 2004
  • タンパク質-科学と工学(共著)
    講談社 1999
Works (4件):
  • システインの生理的役割の解明と発酵生産への応用
    1996 - 現在
  • 酵母のストレス耐性機構の解明と産業酵母の育種への応用
    1995 - 現在
  • ε-ポリ-L-リジン高生産菌の分子育種
    1998 - 2006
  • プロテアーゼのフォールディング機構の解明と酵素機能の改変
    1986 - 2006
学歴 (3件):
  • 1988 - 東京大学大学院 農学系研究科 農学博士
  • - 1982 名古屋大学 農学研究科 生化学制御専攻
  • - 1980 静岡大学 農学部 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (17件):
  • 2006/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授
  • 2005 - 現在 徳島大学大学院 工学研究科 非常勤講師
  • 2014 - 2018 日本大学大学院 非常勤講師
  • 2017 - 2017 岩手大学大学院 農学研究科 非常勤講師
  • 2016 - 2016 大阪市立大学大学院 理学研究科 非常勤講師
全件表示
受賞 (23件):
  • 2017/09 - (公社)日本生物工学会 生物工学功績賞
  • 2017 - (公社)日本生化学会 JB論文賞
  • 2016 - (公社)日本生化学会 JB論文賞
  • 2016 - (公社)日本生物工学会 生物工学論文賞
  • 2014 - (財)東和食品研究振興会 学術奨励金
全件表示
所属学会 (9件):
日本NO学会 ,  米国微生物学会 ,  酵母遺伝学フォーラム ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生物工学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本農芸化学会 ,  極限環境生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る