研究者
J-GLOBAL ID:200901097545213119   更新日: 2022年06月27日

東 暁史

アズマ アキフミ | AZUMA Akifumi
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
ホームページURL (1件): http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nifts/introduction/chart/0901/index.html
研究分野 (2件): 遺伝育種科学 ,  園芸科学
研究キーワード (10件): 日持ち性 ,  ポストハーベスト ,  着色 ,  育種 ,  鳥獣害 ,  カキ ,  ブドウ ,  アントシアニン ,  Persimmon ,  Grape
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2025 簡易迅速な「シャインマスカット」等のブドウ優良品種の識別キットの開発
  • 2018 - 2023 生食用ブドウのゲノム育種情報基盤の確立と先導的な育種素材の開発
  • 2018 - 2021 「国産果実の新たな需要を喚起する育種素材の創出および加工技術の開発」香りの優れたブドウ育種素材の開発
  • 2016 - 2021 「国産果実の供給期間拡大を目指した鮮度保持・栽培技術の開発」環境制御による収穫後ブドウの着色改善と長期貯蔵の一元化技術の開発
  • 2015 - 2019 ブドウ果皮アントシアニン高含有・果肉着色化の制御機構の解明
全件表示
論文 (47件):
  • Akifumi Azuma, Shozo Kobayashi. Demethylation of the 3′ LTR region of retrotransposon in VvMYBA1BEN allele enhances anthocyanin biosynthesis in berry skin and flesh in ‘Brazil’ grape. Plant Science. 2022. 322. 111341. 1-11
  • T. Saito, N. Onoue, R. Matsuzaki, T. Shimizu, A. Azuma, A. Sato. Validation of PCNA breeding strategy at the Institute of Fruit Tree and Tea Science, NARO, Japan. Acta Horticulturae: VII International Symposium on Persimmon. 2021. 1338. 299-304
  • N. Onoue, A. Kono, A. Sato, R. Matsuzaki, A. Azuma, T. Shimizu, T. Saito. Faster marker-assisted selection of pollination-constant non-astringent persimmon offspring by crude-sample PCR. Acta Horticulturae: VII International Symposium on Persimmon. 2021. 1338. 43-50
  • 佐藤明彦, 山田昌彦, 三谷宣仁, 河野淳, 伴雄介, 上野俊人, 白石美樹夫, 尾上典之, 岩波宏, 東暁史, et al. ブドウ新品種‘グロースクローネ’. 農研機構研究報告. 2021. 7. 47-61
  • Puspa Raj Poudel, Akifumi Azuma, Shozo Kobayashi, Kazuya Koyama, Nami Goto-Yamamoto. VvMYBAs induce expression of a series of anthocyanin biosynthetic pathway genes in red grapes (Vitis vinifera L.). Scientia Horticulturae. 2021. 283. 110121
もっと見る
MISC (108件):
  • 東 暁史. 収穫後のぶどうの着色を改善できる技術の開発と実用化 光照射と温度処理の併用. グリーンレポート. 2022. 637. 12-13
  • 東 暁史. 果実肥大成熟期・着色改善の収穫後処理. 農業技術大系 追録第37号. 2022. 78. 24-28
  • 東 暁史. ブドウ新品種‘グロースクローネ’の育成とその特性. 農業および園芸. 2022. 97. 6. 509-512
  • 藥師寺博, 山崎安津, 西村遼太郎, 東暁史, 杉浦裕義, 児下佳子, 森永邦久, 朝倉利員, 土田靖久, 河野良洋, et al. カキのわい性台木に利用できるカキ新品種「豊楽台」. 果樹茶業研究部門普及成果情報. 2022
  • 東暁史, 河野淳, 佐藤明彦. ブドウの果皮色を制御するMYB遺伝子型を簡便に検出するDNAマーカー選抜システム. 果樹茶業研究部門研究成果情報. 2022
もっと見る
特許 (8件):
講演・口頭発表等 (108件):
  • 光と温度処理による収穫後のブドウの着色改善技術
    (令和3年度 果樹茶業研究会 「落葉果樹研究会」 2022)
  • Marker-assisted selection of pollination-constant non-astringent offspring by crude sample PCR
    (VII International Symposium on Persimmon 2021)
  • Validation of persimmon breeding strategy at the Institute of Fruit Tree and Tea Science, NARO, Japan
    (VII International Symposium on Persimmon 2021)
  • RAD-seqを用いて推定した近交度によるカキ収量関連形質における近交弱勢の検出
    (園芸学研究20(別2),94 2021)
  • ブドウの収穫後着色改善と長期貯蔵の取り組み
    (園芸学研究20(別2),76-77 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2004 帯広畜産大学 畜産環境科学
  • 1998 - 2002 帯広畜産大学 畜産環境科学科
  • 1995 - 1998 香川県立高松高等学校
学位 (1件):
  • Molecular genomics and genetics of anthocyanin biosynthesis in grape berry skin (博士(農学)筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 農研機構 本部 知的財産部 知的財産戦略室 上級研究員
  • 2021/04 - 2022/03 農研機構 果樹茶業研究部門 果樹品種育成研究領域 落葉果樹品種育成グループ(安芸津ブドウ・カキ研究拠点) 上級研究員
  • 2020/10 - 2021/03 農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域 育種ユニット 上級研究員
  • 2016/04 - 2020/09 農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域 育種ユニット 主任研究員
  • 2013/04 - 2016/03 農研機構果樹研究所 ブドウ・カキ研究領域 栽培生理ユニット 主任研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/03 - 園芸学会 園芸学会奨励賞 ブドウ着色機構の分子遺伝学的解明とDNAマーカーの開発
  • 2010/03 - 園芸学会 年間優秀論文賞(園芸学研究) ジベレリンとブドウ花冠取りの同時処理による花冠取りの省力効果
  • 2009/03 - 園芸学会 年間優秀論文賞 (Journal of the Japanese Society for Horticultural Science) An anthocyanin regulator from grapes, VlmybA1-2, produces reddish-purple plants.
所属学会 (1件):
園芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る