研究者
J-GLOBAL ID:200901097545213119   更新日: 2020年11月11日

東 暁史

アズマ アキフミ | AZUMA Akifumi
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
ホームページURL (1件): http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nifts/introduction/chart/0901/index.html
研究分野 (2件): 遺伝育種科学 ,  園芸科学
研究キーワード (10件): 日持ち性 ,  ポストハーベスト ,  着色 ,  育種 ,  アントシアニン ,  鳥獣害 ,  カキ ,  ブドウ ,  Persimmon ,  Grape
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2025 簡易迅速な「シャインマスカット」等のブドウ優良品種の識別キットの開発
  • 2018 - 2023 生食用ブドウのゲノム育種情報基盤の確立と先導的な育種素材の開発
  • 2018 - 2021 「国産果実の新たな需要を喚起する育種素材の創出および加工技術の開発」香りの優れたブドウ育種素材の開発
  • 2016 - 2021 「国産果実の供給期間拡大を目指した鮮度保持・栽培技術の開発」環境制御による収穫後ブドウの着色改善と長期貯蔵の一元化技術の開発
  • 2015 - 2019 ブドウ果皮アントシアニン高含有・果肉着色化の制御機構の解明
全件表示
論文 (43件):
  • A. Azuma, A. Kono, A. Sato. Simple DNA marker system reveals genetic diversity of MYB genotypes that determine skin color in grape genetic resources. Tree Genetics & Genomes. 2020. 16. 29. 1-12
  • K. Shirasawa, A. Azuma, F. Taniguchi, T. Yamamoto, A. Sato, H. Hirakawa, S. Isobe. De novo whole-genome assembly in interspecific hybrid table grape, 'Shine Muscat'. bioRxiv. 2019
  • A. Azuma, H. Yakushiji, A. Sato. Postharvest light irradiation and appropriate temperature treatment increase anthocyanin accumulation in grape berry skin. Postharvest Biology and Technology. 2019. 147. 89-99
  • 杉浦裕義, 東 暁史, 西村遼太郎, 山﨑安津, 薬師寺博. ブドウ‘ピオーネ’の着色始期における天然型アブシジン酸含有新規液剤の散布処理が果実品質に及ぼす影響. 園芸学研究. 2019. 18. 1. 81-87
  • A. Kono, Y. Ban, N. Mitani, H. Fujii, S. Sato, K. Suzaki, A. Azuma, N. Onoue, A. Sato. Development of SSR markers linked to QTL reducing leaf hair density and grapevine downy mildew resistance in Vitis vinifera. Molecular Breeding. 2018. 38. 138
もっと見る
MISC (81件):
  • 東 暁史. 目にもおいしいブドウの安定供給に向けて. Fruit & Tea Times. 2020. 22. 10-13
  • ブドウの鳥獣害対策を省力・安全化する「果実保護ネット」. MAFFアプリ. 2020
  • 東 暁史. 特製ワークシート「ブドウの達人がDNAの極意を伝授!」基礎知識と問題. まなびアサヒ.com. 2020
  • 東 暁史. ブドウの達人が追い求める究極の「シャインマスカット」. 朝日小学生新聞 LINEニュース. 2020
  • 東 暁史. DNAでブドウのおいしさを追い続ける. 農林水産技術こども新聞. 2020. 4
もっと見る
特許 (7件):
講演・口頭発表等 (101件):
  • ブドウの達人がDNAの極意を伝授!
    (朝小サマースクールオンライン2020 2020)
  • 生食用欧米雑種ブドウ‛シャインマスカット’の全ゲノム解読
    (園芸学研究19(別1),38 2020)
  • 生食用ブドウのデータ駆動型育種システム構築に向けたゲノム解析
    (果樹バイテク研究会 2019)
  • Genetic impacts on anthocyanin biosynthesis in grape skin
    (Conference on Grapevine Genetics and Breeding in 2019 2019)
  • Genetic impacts on anthocyanin biosynthesis in grape skin(Short version)
    (青島農業大学ブドウ研究所オープニングセレモニー(中華人民共和国) 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • Molecular genomics and genetics of anthocyanin biosynthesis in grape berry skin (博士(農学)筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2020/10 - 現在 農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域 育種ユニット 上級研究員
  • 2016/04 - 2020/09 農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域 育種ユニット 主任研究員
  • 2013/04 - 2016/03 農研機構果樹研究所 ブドウ・カキ研究領域 栽培生理ユニット 主任研究員
  • 2004/04 - 2013/03 農研機構果樹研究所 ブドウ・カキ研究領域 栽培生理ユニット 研究員
受賞 (3件):
  • 2016/03 - 園芸学会 園芸学会奨励賞 ブドウ着色機構の分子遺伝学的解明とDNAマーカーの開発
  • 2010/03 - 園芸学会 年間優秀論文賞(園芸学研究) ジベレリンとブドウ花冠取りの同時処理による花冠取りの省力効果
  • 2009/03 - 園芸学会 年間優秀論文賞 (Journal of the Japanese Society for Horticultural Science) An anthocyanin regulator from grapes, VlmybA1-2, produces reddish-purple plants.
所属学会 (1件):
園芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る