研究者
J-GLOBAL ID:200901097561846814   更新日: 2020年07月03日

河原 直人

カワハラ ナオト | Kawahara Naoto
所属機関・部署:
職名: 学術研究員
ホームページURL (1件): http://www.bioethics.jp/index.html
研究分野 (8件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (10件): 公衆衛生学 ,  衛生学 ,  社会的合意形成 ,  公共政策 ,  科学技術政策 ,  ELSI ,  生命倫理 ,  医療倫理 ,  工学倫理 ,  研究倫理
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • バイオエシックス (生命倫理学) の観点からの社会提言活動及び教育活動の展開とその方法論の確立
  • 高齢者の医療行動が医療費に及ぼす影響についての予防医学的観点からの研究
  • ELSI (Ethical, Legal, and Social Implications) をめぐる問題解決のための実効性ある枠組み
MISC (50件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • いのちのバイオエシックス - 環境・こども・生死の決断 -
    コロナ社 2008 ISBN:9784339078411
  • 生命倫理百科事典
    丸善株式会社 2007 ISBN:9784621078006
  • 生命・生体・福祉ハンドブック(予防医学03章「感染症の法的処置と権利侵害」を執筆)
    (株)コロナ社 2007 ISBN:9784339070910
  • 子どもの医療と生命倫理
    (財)法政大学出版局 2006
  • クリエイティブ・エイジング - 生の充実・いのちの終わり -(「高齢者健康調査にみる健康意識と生活習慣の改善の重要性 - セルフケアと自己決定の視座を踏まえて -」を執筆)
    (株)ライフ・サイエンス 2006 ISBN:4898012450
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • パーキンソン病および関連神経変性疾患の生前同意登録に基づく脳バンクの開始(有馬邦正,久野貞子,塚本忠,山村隆,森秀生,村山繁雄,佐藤啓造,河原直人)
    (第49回日本神経病理学会総会学術研究会 2008)
  • 日本におけるパーキンソン病および関連神経変性疾患の生前同意登録に基づく脳バンク(有馬邦正,久野貞子,塚本忠,山村隆,森秀生,村山繁雄,佐藤啓造,河原直人)
    (BrainNet Europe 第2回国際会議 2008)
  • 2006年 Intensive Bioethics Course 動向
    (第18回日本生命倫理学会年次大会ワークショップ VI 「医療倫理学における倫理教育とは」(オーガナイザー: 丸山 マサ美) 2006)
  • 高齢者のライフスタイルおよび身体機能が医療費に及ぼす影響(河原直人,信太直己,町田和彦,第64回日本公衆衛生学会総会抄録集第52巻第8号(特別附録) 521頁)
    (第64回日本公衆衛生学会総会 2005)
  • 高齢者における医療行動と免疫能力の関係(河原直人,信太直己,町田和彦)
    (第73回日本衛生学会総会 2003)
もっと見る
Works (7件):
  • (独)国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発費「死後脳の多施設共同研究に使用可能なリサーチリソースネットワークの構築に関する研究」(分担研究者)
    2010 -
  • 人類生存に向けたナノテクノロジーの可能性と倫理(財団法人生存科学研究所)
    2007 - 2009
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「パーキンソン病および関連神経変性疾患の生前同意に基づく脳バンクの構築に関する研究」(分担研究者)
    2006 - 2008
  • 厚生労働科学研究費補助金「倫理的判断を必要とする場面での看護師の対処行動とこれに影響を及ぼす価値観~親による新生児の治療拒否場面に着目して」(研究協力者)
    2006 - 2006
  • RI(Research Integrity)及びRCR(Responsible Comduct of Research)のための融合研究
    2006 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2004 早稲田大学 人間科学研究科 バイオエシックス(生命倫理学)、衛生学・公衆衛生学
  • - 1998 早稲田大学 人間科学部 人間健康科学科、バイオエシックス(生命倫理学)
学位 (2件):
  • 修士(人間科学) (早稲田大学)
  • - (同研究科博士後期課程単位取得満期退学)
経歴 (12件):
  • 2011/05 - 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 生命医療工学研究所 主任研究員(2011.5~)
  • 2009/12 - 2011/03 早稲田大学総合研究機構 グローバル連携戦略研究所 主任研究員(研究院准教授)(2009.12~2011.3)
  • 2008/08 - 2010/03 早稲田大学 総合研究機構 胎生期エピジェネティック制御研究所 研究員 (2008.8~2010.3)
  • 2007/04 - 2009/03 (同上)早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 生命医療工学研究所 准教授(専任扱い) (2007.4~2009.3),同研究所客員主任研究員(併)研究院客員准教授(2009.4~2009.11)
  • 2005/04 - 2007/03 早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 生命医療工学研究所 客員講師(専任扱い) (2005.4~2007.3)
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2011 - 日本生命倫理学会第23回年次大会実行委員会 委員 及び 同大会事務局長(2011年度)
  • 2010 - 日本医事法学会 会員
  • 2009 - 日本生命倫理学会第21回年次大会実行委員会 委員長(2009年度)
  • 2008 - 日本安全保障・危機管理学会 会員
  • 2008 - 日本小児科学会倫理委員会 小児終末期医療ガイドラインWG 委員 2008-
全件表示
所属学会 (9件):
日本衛生学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本生命倫理学会 ,  日本 体力・栄養・免疫 学会 ,  日本遠隔医療学会 ,  米国生命倫理学会 ,  日本安全保障・危機管理学会 ,  米国実践専門職倫理学会 ,  日本医事法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る