研究者
J-GLOBAL ID:200901097683752420   更新日: 2011年09月14日

山本 恵子

ヤマモト ケイコ | Yamamoto Keiko
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://keikoyamamoto.com/
研究分野 (2件): 美術史 ,  美学、芸術論
研究キーワード (5件): 感性論 ,  身体論 ,  文化哲学 ,  美学 ,  近現代ドイツ哲学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2007 - 2008 フリードリヒ・ニーチェにおける「芸術の生理学」
MISC (19件):
  • 山本恵子. ニーチェにおける対話のリアリティ. 理想(特集:哲学者ニーチェ). 2010. 684. 142-152
  • 山本恵子. 「美しいものが巨怪なものに対して勝利を収めるとき」--ニーチェ『人間的、あまりに人間的』第II巻における「偉大な様式」の考察--. 実存思想論集. 2010. XXV. 97-114
  • 山本恵子. ショーペンハウアーとニーチェを繋ぐもの--E.v.ハルトマンにおける無意識的意志と無意識的表象をめぐって. ショーペンハウアー研究. 2010. 15. 58-77
  • 山本恵子, 土井善晴. 食欲の意識調査から「食の履歴書」の制作へ--大学生における食の「自己知」をめぐって. 感性哲学. 2010. 10. 169-187
  • Keiko YAMAMOTO. Die Redlichkeit des Künstlers in Nietzsches Gedankentum. AESTHETICS(国際版『美学』). 2009. 13. 97-109
もっと見る
書籍 (4件):
  • 新版 美/学
    大学教育出版 2009 ISBN:9784887309081
  • ニーチェと生理学 「芸術の生理学」構想への道
    大学教育出版 2008 ISBN:9784887307803
  • 美/学 (早稲田大学オンデマンド出版シリーズ)
    トランスアート 2006 ISBN:9784887522862
  • 『東洋における死の思想』所収、酒井紀幸・山本恵子著「キリスト教における死の思想」(論文、分担執筆)
    春秋社 2006
講演・口頭発表等 (15件):
  • 大学生における「食欲」の文化的考察
    (第11回日本感性工学会感性哲学部会 2010)
  • 「美しいものが巨怪なものに対して勝利を収めるとき」--ニーチェ『人間的、あまりに人間的』第II巻における「偉大な様式」の考察
    (実存思想協会第25回大会 2009)
  • ニーチェにおける「外部」の意味
    (第八回ニーチェ研究者の集い 2009)
  • ショーペンハウアーとニーチェを繋ぐもの--E. v. ハルトマンにおける無意識的意志と無意識的表象をめぐって
    (日本ショーペンハウアー協会第22回全国大会 シンポジウム「表象」 2009)
  • ニーチェにおける「健康」の概念をめぐって
    (ハイデガー研究会例会 2008)
もっと見る
Works (1件):
  • 食の文化研究会
    2009 -
学歴 (4件):
  • - 2007 早稲田大学 文学研究科 哲学専攻
  • - 2004 早稲田大学 文学研究科 哲学専攻
  • - 1999 早稲田大学 第二文学部 西洋文化専修
  • - 1996 武蔵野音楽大学 音楽学部 器楽学科ヴァイオリン専攻
学位 (1件):
  • 博士(文学) (早稲田大学)
経歴 (2件):
  • 2008 - 度~ 早稲田大学文学学術院(文化構想学部複合文化論系)助教
  • 2006 - 2007 年度 早稲田大学文学学術院(第一文学部哲学専修)助手
委員歴 (1件):
  • 2009 - 実存思想協会 幹事
所属学会 (14件):
アメリカ宗教学会 ,  アメリカ美学会 ,  日本ヤスパース協会 ,  中世哲学会 ,  日本感性工学会 ,  美学会 ,  日本倫理学会 ,  日本ショーペンハウアー協会 ,  実存思想協会 ,  日本シェリング協会 ,  アメリカ音楽学会 ,  日本哲学会 ,  社会文化学会 ,  日本ライプニッツ協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る