研究者
J-GLOBAL ID:200901097840076689   更新日: 2021年08月20日

片岡 龍峰

カタオカ リュウホウ | Kataoka Ryuho
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://ryuhokataoka.amebaownd.com/http://polaris.nipr.ac.jp/~ryuho/
研究分野 (4件): プラズマ科学 ,  プラズマ応用科学 ,  宇宙惑星科学 ,  天文学
研究キーワード (11件): 宇宙線 ,  電離圏 ,  磁気圏 ,  オーロラ ,  宇宙天気 ,  磁気流体力学 ,  磁気嵐 ,  太陽風 ,  放射線帯 ,  geomagnetic storm ,  solar wind
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 グランドミニマムの太陽圏磁場構造と宇宙線変調の研究
  • 2015 - 2017 オーロラと人間社会の過去・現在・未来
  • 2015 - 2016 オーロラの高周波数変動の発生メカニズムの研究
  • 2013 - 2014 極限的短周期変動を持つオーロラの探索
  • 2011 - 2013 太陽高エネルギー粒子被ばく予測モデルの研究開発
全件表示
論文 (233件):
  • Mamoru Ishii, Daikou Shiota, Chihiro Tao, Yusuke Ebihara, Hitoshi Fujiwara, Takako Ishii, Kiyoshi Ichimoto, Ryuho Kataoka, Kiyokazu Koga, Yuki Kubo, et al. Space weather benchmarks on Japanese society. Earth, Planets and Space. 2021. 73. 1
  • Kanya Kusano, Kiyoshi Ichimoto, Mamoru Ishii, Yoshizumi Miyoshi, Shigeo Yoden, Hideharu Akiyoshi, Ayumi Asai, Yusuke Ebihara, Hitoshi Fujiwara, Tada-Nori Goto, et al. PSTEP: project for solar-terrestrial environment prediction. Earth, Planets and Space. 2021. 73. 1
  • RYUHO KATAOKA, Shin'ya Nakano. Auroral zone over the last 3000 years. Journal of Space Weather and Space Climate. 2021
  • Mitsunori Ozaki, Tomohiro Inoue, Yoshimasa Tanaka, Satoshi Yagitani, Yoshiya Kasahara, Kazuo Shiokawa, Yoshizumi Miyoshi, Kousuke Imamura, Keisuke Hosokawa, Shin-ichiro Oyama, et al. Spatial Evolution of Wave-Particle Interaction Region Deduced From Flash-Type Auroras and Chorus-Ray Tracing. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2021. 126. 7
  • O. Adriani, Y. Akaike, K. Asano, Y. Asaoka, E. Berti, G. Bigongiari, W. R. Binns, M. Bongi, P. Brogi, A. Bruno, et al. Measurement of the Iron Spectrum in Cosmic Rays from 10 GeV/n to 2.0 TeV/n with the Calorimetric Electron Telescope on the International Space Station. Physical Review Letters. 2021. 126. 24
もっと見る
MISC (105件):
書籍 (8件):
  • Auroral Physics
    Space Science Reviews 2021
  • 日本に現れたオーロラの謎
    2020
  • オーロラみつけた
    2019 ISBN:9784906768677
  • オーロラの日本史
    2019 ISBN:9784582364583
  • 太陽フレアと宇宙災害
    NHK出版 2018 ISBN:9784149109749
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • Antarctica-based future space weather research project since 2022
    (JpGU 2021 2021)
  • Auroral oval in the last 3000 years and future
    (JpGU 2021 2021)
  • Plasma waves causing REP events at ISS
    (AGU 2020 Fall Meeting 2020)
  • Extreme geomagnetic activities: a statistical study
    (第148回 地球電磁気・地球惑星圏学会 総会・講演会(2020年 秋学会) 2020)
  • Historical records of red auroras in Japan: Collaboration between literature and science,
    (International Symposium on Data Science 2020 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 東北大学 宇宙地球物理学専攻
  • 1995 - 1999 東北大学 宇宙地球物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2013/07 - 現在 国立極地研究所 研究教育系・宙空圏研究グループ 准教授
  • 2009/08 - 2013/06 東京工業大学 大学院・理工学研究科 特任助教
  • 2007/04 - 2009/07 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2006/03 - 2007/03 名古屋大学太陽地球環境研究所 学振特別研究員PD
  • 2004/04 - 2006/03 情報通信研究機構 学振特別研究員PD
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2019/04 - 現在 国立極地研究所 編集委員会幹事
  • 2018/04 - 現在 成蹊学園サステナビリティ研究教育センター客員フェロー
  • 2019/04 - 2021/03 国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター事業実施委員会 副委員長
  • 2018/01 - 2021/03 ISSI Convener, Auroral Physics
  • 2016/04 - 2020/03 「極地」編集委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2016/04 - AGU Excellence in Refereeing, Geophysical Research Letters
  • 2016/01 - 総研大 学融合推進センター 最優秀賞
  • 2015/04 - 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2011/09 - AGU Excellence in Refereeing, Space Weather
  • 2009/09 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 大林奨励賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本天文学会 ,  American Geophysical Union ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る