研究者
J-GLOBAL ID:200901097840076689   更新日: 2020年07月15日

片岡 龍峰

カタオカ リュウホウ | Kataoka Ryuho
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://ryuhokataoka.amebaownd.com/http://polaris.nipr.ac.jp/~ryuho/
研究分野 (4件): プラズマ科学 ,  プラズマ応用科学 ,  宇宙惑星科学 ,  天文学
研究キーワード (9件): 宇宙線 ,  電離圏 ,  磁気圏 ,  オーロラ ,  宇宙天気 ,  磁気流体力学 ,  磁気嵐 ,  太陽風 ,  放射線帯
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 グランドミニマムの太陽圏磁場構造と宇宙線変調の研究
  • 2015 - 2017 オーロラと人間社会の過去・現在・未来
  • 2015 - 2016 オーロラの高周波数変動の発生メカニズムの研究
  • 2013 - 2014 極限的短周期変動を持つオーロラの探索
  • 2011 - 2013 太陽高エネルギー粒子被ばく予測モデルの研究開発
全件表示
論文 (78件):
  • Herbert Akihito Uchida, Ryuho Kataoka, Akira Kadokura, Kiyoka Murase, Akira Sessai Yukimatu, Yoshizumi Miyoshi, Kazuo Shiokawa, Yusuke Ebihara, Keisuke Hosokawa, Ayako Matsuoka, S. Kurita, Shigeru Fujita, I. Shinohara. Asymmetric Development of Auroral Surges in the Northern and Southern Hemispheres. Geophys. Res. Lett. 2020. 47
  • 片岡龍峰, 山本和明, 藤原康徳, 塩見こずえ, 國分亙彦. 雉尾攷-日本書紀にみる赤気に関する一考察. 総研大文化科学研究. 2020
  • Hosokawa, K., Y. Miyoshi, M. Ozaki, S.-I. Oyama, Y. Ogawa, S. Kurita, Y. Kasahara, Y. Kasaba, S. Yagitani, S. Matsuda, F. Tsuchiya, A. Kumamoto, R. Kataoka, K. Shiokawa, T. Raita, E. Turunen, T. Takashima, I. Shinohara, R. Fujii. Multiple time-scale beats in aurora: precise orchestration via magnetospheric chorus waves. Sci. Rep. 2020. 10
  • T. Tanaka, Y. Ebihara, M. Watanab, M. De, S. Fujita, T. Kikuch, K. K. Hashimoto, R. Kataoka. Reproduction of Ground Magnetic Variations During the SC and the Substorm From the Global Simulation and Biot-Savart's Law. J. Geophys. Res. Space Res. 2020. 125. 2. e2019JA027172
  • Tanaka, Y.-M, Nishiyama, T, Kadokura, A, Ozaki, M, Miyoshi, Y, Shiokawa, K. Direct comparison between magnetospheric plasma waves and polar mesosphere winter echoes in both hemispheres. Journal of Geophysical Research: Space Physics. 2019. 124
もっと見る
MISC (102件):
  • S. Miyake, Y. Migita, Y. Asaoka, Y. Akaike, S. Torii, T. Terasawa, R. Kataoka, K. Sakai. Solar Modulation of Galactic Cosmic-Ray Electrons Measured with CALET. Proceedings of Science (ICRC2019). 2019. 1126
  • 源田斗輝, 井上拓海, 尾崎光紀, 八木谷聡, 今村幸祐, 塩川和夫, 三好由純, 大山伸一郎, 片岡龍峰, 海老原祐輔, 細川敬祐. 機械学習を用いたフラッシュオーロラの時空間解析. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.PCG21-P02 (WEB ONLY)
  • 門倉昭, 山岸久雄, 岡田雅樹, 小川泰信, 田中良昌, 片岡龍峰, 内田ヘルベルト陽仁, 大塚雄一. 無人システムを利用したオーロラ現象の南極広域ネットワーク観測:共役点イベント解析(2). 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.PEM11-23 (WEB ONLY)
  • 井上拓海, 源田斗輝, 尾崎光紀, 八木谷聡, 今村幸祐, 塩川和夫, 三好由純, 大山伸一郎, 片岡龍峰, 海老原祐輔. CNNを用いた脈動オーロラの検出と時空間解析. 電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.F2-2
  • 冨澤京介, 今村幸祐, 尾崎光紀, 三好由純, 片岡龍峰. レベルセットによる脈動オーロラ自動抽出高速化のための初期輪郭設定法. 電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.F2-36
もっと見る
書籍 (6件):
  • オーロラみつけた
    2019 ISBN:9784906768677
  • オーロラの日本史
    2019 ISBN:9784582364583
  • 太陽フレアと宇宙災害
    NHK出版 2018 ISBN:9784149109749
  • 宇宙災害:太陽と共に生きるということ (DOJIN選書)
    化学同人 2016 ISBN:4759816720
  • オーロラ! (岩波科学ライブラリー)
    岩波書店 2015 ISBN:4000296434
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • Prediction of Space Radiation Exposure on Mars
    (Symposium on Planetary Sciences, Tohoku Univ. 2020)
  • Plasma waves causing REP events at ISS
    (CALET-TIM, CNR-IFAC, Italy (online) 2020)
  • Understanding space weather and space climate from Antarctica
    (NIPR Symposium, Tachikawa 2019)
  • 火星における宇宙放射線被ばくの予測
    (SGEPSS 2019 2019)
  • Stratospheric ionization during magnetic storms
    (JpGU2019 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2004 東北大学 理学研究科 宇宙地球物理学専攻
  • 1995 - 1999 東北大学 理学部 宇宙地球物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2013/07 - 現在 国立極地研究所 准教授
  • 2009/08 - 2013/06 東京工業大学 大学院・理工学研究科 特任助教
  • 2007/04 - 2009/07 理化学研究所 基礎科学特別研究員
  • 2006/03 - 2007/03 名古屋大学太陽地球環境研究所 学振特別研究員PD
  • 2004/04 - 2006/03 情報通信研究機構 学振特別研究員PD
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019/04 - 現在 国立極地研究所 編集委員会幹事
  • 2019/04 - 現在 国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター事業実施委員会 副委員長
  • 2018/04 - 現在 成蹊学園サステナビリティ研究教育センター客員フェロー
  • 2018/01 - 現在 ISSI Convener, Auroral Physics
  • 2016/04 - 2020/03 「極地」編集委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2016/04 - AGU Excellence in Refereeing, Geophysical Research Letters
  • 2016/01 - 総研大 学融合推進センター 最優秀賞
  • 2015/04 - 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2011/09 - AGU Excellence in Refereeing, Space Weather
  • 2009/09 - 地球電磁気・地球惑星圏学会 大林奨励賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本天文学会 ,  American Geophysical Union ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る