研究者
J-GLOBAL ID:200901097908410981   更新日: 2020年06月07日

田中 彰則

タナカ アキノリ | Tanaka Akinori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 数理物理、物性基礎
研究キーワード (4件): 超伝導 ,  強磁性 ,  物性物理学 ,  統計物理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2015 多電子系における強磁性の数理物理学的研究
  • 2006 - 2007 構成的方法による異方的超伝導の発現機構に関する研究
  • 遍歴電子系における強磁性に関する研究
論文 (6件):
MISC (16件):
  • 丸山 勲, 桂 法称, 田中 彰則, 田崎 晴明. 28aQF-1 フラットバンド模型のトポロジカルな分類(電子系(強相関電子系,その他),領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理). 日本物理学会講演概要集. 2009. 64. 2
  • 田中 彰則, 桂 法称, 丸山 勲, 田崎 晴明. 28aQF-2 Ferromagnetism in the Hubbard model with topological/non-topological flat bands. 日本物理学会講演概要集. 2009. 64. 2
  • Stability of Ferromagnetism in the Hubbard Model on the Kagome Lattice. Physical Review Letters. 2003. 90. 067204
  • 永田 英樹, 田中 彰則, 村岡 良紀, 井戸垣 俊弘. 30p-PSA-13 双2次交換相互作用をもつ3次元XYモデルの磁気相転移II. 日本物理学会講演概要集. 1999. 54. 1
  • 永田 英樹, 田中 彰則, 村岡 良紀, 井戸垣 俊弘. 28a-PS-117 双二次交換相互作用をもつ古典スピン系のモンテカルロシミュレーション II. 日本物理学会講演概要集. 1998. 53. 2
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • Stability of Flat-Band Ferromagnetism: A Case of a Gapless Single-Electron Band Structure
    (Flatband Networks in Condensed Matter and Photonics 2017)
  • ハバード模型における強磁性
    (九州大学 2017第3回 物性基礎論コロキュウム 2017)
  • 一次元拡張ハバード模型におけるエッジ状態
    (日本物理学会2016年秋季大会 2016)
  • 多バンド・ハバード模型の最下端バンドに生じる金属強磁性状態
    (日本物理学会第71回年次大会 2016)
  • 一次元拡張ハバード模型におけるマヨラナエッジ状態
    (日本物理学会第70回年次大会 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学)
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る