研究者
J-GLOBAL ID:200901098129838009   更新日: 2020年09月01日

八木 勲

ヤギ イサオ | Yagi Isao
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 知能情報学 ,  金融、ファイナンス ,  社会システム工学
研究キーワード (4件): エージェントシミュレーション ,  マルチエージェントシステム ,  人工経済 ,  人工市場
論文 (14件):
  • 丸山 隼矢, 水田 孝信, 八木 勲. 人工市場を用いたレバレッジドETF がザラ場市場に与える影響分析. 電子情報通信学会論文誌D. 2020. J103-D. 11
  • Isao Yagi, Syunya Maruyama, Takanobu Mizuta. Trading Strategies of a Leveraged ETF in a Continuous Double Auction Market Using an Agent-Based Simulation. Complexity. 2020. 2020. 1-7
  • Isao Yagi, Yuji Masuda, Takanobu Mizuta. Analysis of the Impact of High-Frequency Trading on Artificial Market Liquidity. IEEE Transactions on Computational Social Systems. 2020
  • 丸山 隼矢, 水田 孝信, 八木 勲. 人工市場を用いた分散投資規制が市場に与える影響分析~ファンダメンタル価格急落時と急騰時における比較~. 情報処理学会論文誌. 2019. 60. 10. 1694-1703
  • Ayano Kuwahara, Fujio Toriumi, Isao Yagi. How Does School Caste Influence Classroom Community Formation? - Verification Using Multi-agent Simulation -. Social Simulation Conference 2019. 2019
もっと見る
MISC (22件):
講演・口頭発表等 (3件):
  • Analysis of the Impact of leveraged ETF rebalancing trades on the underlying asset market using artificial market simulation
    (12th Artificial Economics Conference 2016)
  • Investigation of the rule for investment diversi?cation using Multiagent Simulations
    (Jafee20 International Conference on Socio-economic Systems with ICT and Networks 2016)
  • 人工市場を用いた分散投資規制が市場に与える影響分析
    (合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2015)
学位 (1件):
  • 博士(工学)
受賞 (3件):
  • 2018/11 - the 5th International Conference on Behavioral Economic, and Socio-Cultural Computing Distinguished Research on BEHAVIORAL and ECONOMIC COMPUTING Detection of Factors Influencing Market Liquidity Using an Agent-based Simulation
  • 2018/09 - 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2018(JAWS2018) 学生奨励賞 人工市場を用いた分散投資規制が市場に与える影響分析~ファンダメンタル価格急落時と急騰時における比較~
  • 2012/11 - 人工知能学会 2012年度人工知能学会研究会優秀賞 人工市場を用いた値幅制限・空売り規制・アップティックルールの検証
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る