研究者
J-GLOBAL ID:200901098160640802   更新日: 2021年05月01日

川又 啓子

カワマタ ケイコ | KEIKO KAWAMATA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 商学 ,  観光学
研究キーワード (12件): コンテンツ・ツーリズム ,  文化とマーケティング ,  マンガ ,  マーケティング ,  コンテンツ ,  信頼 ,  フランス ,  出版 ,  経営学 ,  アニメ ,  コンテンツ産業 ,  コミュニケーション
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2025 メガマーケティングによるゲーム/eスポーツの社会的受容促進に関する研究
  • 2018 - 2021 欧州における日本のポップカルチャー・イベントの形成・発展プロセスに関する研究
  • 2018 - 2021 「eスポーツ」のスポーツ化に関する探索的研究
  • 2017 - 2020 英独仏旅行者の情報探索行動に注目したインバウンド促進戦略に関する研究
  • 2015 - 2018 文化資源の集散地の形成・発展メカニズムに関する研究:ジャパンエキスポを事例として
全件表示
論文 (25件):
  • 川又啓子, 田嶋規雄, 三浦俊彦. The Process of Development and the Evolution of Japanese Pop Culture Event: Case of World Cosplay Summit (Nagoya, Japan). Proceedings: the EURAM 2020 Conference. 2020
  • 川又啓子, 田嶋規雄, 三浦俊彦, 中川正悦郎. The Process of Development and the Evolution of Japanese Pop Culture Events: Cases of the Japan Expo (Paris, France) and World Cosplay Summit (Nagoya, Japan). Proceedings: cfest>NEW CHALLENGES IN THE DIGITAL AGE?. 2019. -. -
  • 川又 啓子, 田嶋 規雄, 黒岩 健一郎, 三浦 俊彦. Some Preliminary Notes on the Evolution and Development Process of Japanese Pop Culture Events. 青山総合文化政策学. 2017. 9. 2. 71,73-94
  • 田嶋 規雄, 川又 啓子. Outlook of the Japanese Anime Industry 2015: Implications for Introducing Inbound Tourism. 経営経理研究. 2017. 109. 87-110
  • 川又 啓子. Outlook of the Japanese Anime Industry: Opportunities and limitations. AIMAC 2015: International Conference on Arts and Cultural Management. 2015
もっと見る
MISC (11件):
  • 川又 啓子. コロナ後のスポーツビジネス : eスポーツによる社会的価値創造 (特集 コロナに向き合う : 転換を迫られる業界戦略). 企業経営. 2020. 152. 8-11
  • 丸山 信人, 大島 正嗣, 川又 啓子, 佐藤 薫生. 「eスポーツ」のスポーツ化に関する探索的研究 : ユニバーサル視点による「eスポーツ」の研究 (プロジェクト報告 「eスポーツ」のスポーツ化に関する探索的研究 : ユニバーサルeスポーツ研究会). 青山総合文化政策学 = Aoyama journal of cultural and creative studies. 2020. 11. 1. 113-119
  • 川又 啓子. ジャパニーズ・ポップカルチャー・イベントの形成・発展メカニズム (プロジェクト報告 文化とマーケティング研究会). 青山総合文化政策学 = Aoyama journal of cultural and creative studies. 2020. 11. 1. 86-92
  • 川又 啓子, 三浦 俊彦, 田嶋 規雄, 中川 正悦郎. プロジェクト報告 文化とマーケティング研究会 (プロジェクト報告 文化とマーケティング研究会). 青山総合文化政策学 = Aoyama journal of cultural and creative studies. 2020. 11. 1. 83-85
  • 川又 啓子, Kawamata Keiko, 大島 正嗣, Oshima Masatsugu, 丸山 信人, Maruyama Nobuhito, 原田 美穂, Harada Miho, 佐藤 薫生, Sato Shigeo, et al. 「eスポーツ」のスポーツ化に関する探索的研究 : eスポーツの日韓比較. 青山総合文化政策学. 2019. 10. 2. 15-50
もっと見る
書籍 (6件):
  • 市場の空気の読み方 : カルチャー活用による“脱競争"の戦略
    同友館 2020 ISBN:9784496054976
  • eスポーツ産業論 = E-sports industrial theory
    同友館 2020 ISBN:9784496054884
  • なぜ、あの会社は顧客満足が高いのか-オーナーシップによる顧客価値の創造
    同友館 2012 ISBN:4496049163
  • OQ(オーナーシップ指数)-サービスプロフィットチェーンによる競争優位の構築
    同友館 2010 ISBN:4496046679
  • マーケティング科学の方法論
    白桃書房 2009 ISBN:9784561661818
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • The Process of Development and the Evolution of Japanese Pop Culture Event: Case of World Cosplay Summit (Nagoya, Japan
    (EURAM 2020 conference 2020)
  • 文化イベントの形成・発展プロセスに関する研究:世界コスプレサミットを事例として
    (日本商業学会 第70回全国研究大会 2020)
  • The Process of Development and the Evolution of Japanese Pop Culture Events: Case of the Japan Expo (Paris, France) and World Cosplay Summit (Nagoya, Japan)
    (Cfest: International Workshop on Cultural Festivals Organization and Management 2019)
  • ジャパニーズ・ポップカルチャー・イベントの形成・発展メカニズム
    (文化とマーケティング研究会 2019)
  • マーケティング入門
    (公益社団法人 全国公立文化施設協会 平成30年度文化庁委託事業「全国劇場・音楽堂等職員アートマネジメント・舞台技術研修会2019」 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1994 - 1998 慶應義塾大学大学院 マーケティング
  • 1985 - 1987 早稲田大学大学院 商学専攻 広告論専修
  • 1983 - 1984 Northwestern University Advertising Division
  • 1979 - 1983 青山学院大学 英米文学科
学位 (2件):
  • M.S. (Northwestern University)
  • 商学修士 (早稲田大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 青山学院大学 総合文化政策学部 教授
  • 2013/04 - 2017/03 亜細亜大学 経営学部 教授
  • 2011/04 - 2013/03 京都産業大学 経営学部 教授
  • 2004/04 - 2011/03 京都産業大学 経営学部 助教授/准教授
  • 2002/04 - 2004/03 京都産業大学 経営学部 専任講師
委員歴 (11件):
  • 2019/10 - 2022/09 日本広告学会 評議委員
  • 2018/12 - 2019/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 第1段審査委員(平成31年度)
  • 2016/12 - 2017/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 第1段審査委員(平成29年度)
  • 2010/10 - 2016/09 日本広告学会 関東部会評議委員
  • 2015/08 - 2016/07 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会 書面審査員・書面評価委員(平成27年度)
全件表示
受賞 (1件):
  • 2013/12 - 日本フードサービス学会 第15回優秀論文賞・優秀賞 フードサービス業における『オーナーシップ』の規定要因の研究
所属学会 (4件):
日本観光研究学会 ,  日本商業学会 ,  日本広告学会 ,  日本消費者行動研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る