研究者
J-GLOBAL ID:200901098236466661   更新日: 2019年02月28日

関戸 英紀

セキド ヒデノリ | Sekido Hidenori
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 科学教育
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1996 - 自閉症児の言語とコミュニケ-ション指導に関する研究
論文 (20件):
  • 服部真侑, 関戸英紀. 広汎性発達障害児に対する機能的アセスメントに基づいた唾吐きの低減を目指した支援. 特殊教育学研究. 2017. 55. 1. 25-35
  • 吉山温子, 関戸英紀. 知的障害を伴う自閉症者に対する書字を用いた要求言語行動の形成. 特殊教育学研究. 2016. 54. 4. 233-243
  • 佐々木一圭, 関戸英紀. 特別な教育的ニーズのある定時制高校生に対する学習支援-共同学習に相互依存型集団随伴性を組み合わせた介入の検討-. 特殊教育学研究. 2016. 54. 2. 121-131
  • 関戸英紀, 永野実生. 自閉症児に対する並行指導法を用いた「ありがとう」の始発の形成とその般化促進. 特殊教育学研究. 2014. 52. 4. 251-262
  • 小島拓也, 関戸英紀. 選択性緘黙の児童に対するコミュニケーションカードを用いたあいさつ等の指導. 特殊教育学研究. 2013. 51. 4. 359-368
もっと見る
書籍 (5件):
  • 特別支援教育の到達点と可能性 2001~2016:学術研究からの論考
    金剛出版 2017 ISBN:4772415610
  • 発達障害のある子/ない子の学校適応・不登校対応
    金子書房 2017 ISBN:4760895507
  • 問題行動!クラスワイドな支援から個別支援へ
    川島書店 2017 ISBN:9784761009175
  • 自閉症児に対する日常の文脈を用いた言語指導
    川島書店 2016 ISBN:9784761009113
  • 軽度発達障害児のためのスクリプトによる社会的スキル発達支援
    川島書店 2006
Works (1件):
  • スクリプト理論に基づく発達障害児のコミュニケーション機能に関する体系的・実用的研究
    1998 - 2001
学歴 (2件):
  • - 1982 横浜国立大学 教育学研究科 障害児教育
  • - 1980 早稲田大学 文学部 文芸
学位 (2件):
  • 教育学修士 (横浜国立大学)
  • 博士(教育学) (東京学芸大学)
経歴 (1件):
  • 横浜国立大学 教育人間科学部 学校教育課程 教育人間科学部 学校教育課程 助教授
委員歴 (3件):
  • 2007/07 - 2008/03 編集委員会 常任編集委員
  • 2004/04 - 2008/03 編集委員会 編集委員
  • 2005/04 - 2006/03 編集委員会 編集委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る