研究者
J-GLOBAL ID:200901098391954273   更新日: 2010年08月29日

天野 寛子

アマノ ヒロコ | Amano Hiroko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (3件): 生活文化 ,  女性農業者の地位 ,  勤労者夫妻の生活様式
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1990 - 農業者夫妻の平等な生活様式
  • 1976 - 都市勤労者夫妻の生活時間と生活様式
MISC (43件):
  • 農家家族における家族経営協定の課題-協定締結に至らない家族の事例分析-. 農村生活研究. 2004. 第47巻第3・4号合併号
  • 「生活時間からみる家庭生活100年ー圧迫される家族共有時間ー」『生活学ー家庭生活100年』. ドメス出版. 2003
  • 東京・ソウル・比京における雇用労働者の生活時間のジェンダー比較. 昭和女子大学女性文化研究所紀要第28号. 2002. 1-11
  • 生活改善普及事業を通してみる高度経済成長期の農村生活における人間関係の変化と女性の地位-三重県における普及員観察資料(1964)の分析-. 昭和女子大学女性文化研究所紀要第28号. 2002. 43-57
  • 東京都世田谷区在住雇用労働者夫妻の生活時間-2000年調査-調査方法および主な結果の考察-. 日本家政学会. 2002. 877-885
もっと見る
書籍 (18件):
  • 『女性文化とジェンダー』
    昭和女子大学女性文化研究所編、御茶水書房 2002
  • 日本の農家の家族経営協定における生活協定指標に関する研究(平成11年度〜平成12年度科学研究費助成金(基盤研究(C)(2))研究報告書
    天野寛子 2001
  • 『韓国-日本 生活時間比較研究』(韓国語)
    ソウル大学出版部 2001
  • 『生活時間と生活意識-東京・ソウルサラリーマン夫妻の調査から-』
    光生館 2001
  • 『戦後日本の女性農業者の地位-男女平等の生活文化の創造へ-』
    ドメス出版 2001
もっと見る
Works (8件):
  • 子供らに必要な「価値ある環境」 (全国農業新聞 論説「農声」)
    1998 -
  • 家庭生活の場で生活を変える主体を育くむということ 昭和女子大女性文化研究所公開講座
    1994 -
  • 『家政学用語辞典』(社)日本家政学会編(項目「市民運動」「家事」「家事労働」「主婦論争」を執筆)
    1993 -
  • 『1994年版住宅白書』日本住宅会議編 (編集委員項目「遠距離通勤」を執筆
    1993 -
  • 書評 佐藤方彦編著『生活文化論』(井上書院)について(昭和女子大学女性文化研究所紀要No.11)
    1993 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1963 昭和女子大学 文家政学部 生活科学科
学位 (1件):
  • 学術博士 (昭和女子大学)
経歴 (9件):
  • 2003 - 現在 生活機構研究科 教授
  • 1989 - 2001 昭和女子大学短期大学部 教授
  • 1989 - 2001 昭和女子大学短期大学部
  • 1979 - 1989 昭和女子大学短期大学部 助教授
  • 1979 - 1989 昭和女子大学短期大学部
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2002 - (社)日本家政学会 評議員
  • 2000 - 日本農村生活学会 理事
  • 1994 - 1995 日本生活学会 理事
受賞 (2件):
  • 2001 - 山川菊栄婦人問題研究奨励金(通称山川菊栄賞)(山川菊栄記念会)
  • 2001 - 今和次郎賞(日本生活学会)
所属学会 (5件):
日本農村生活学会 ,  社会政策学会 ,  日本生活学会 ,  国際家政学会 International Federation for Home Economics ,  (社)日本家政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る