研究者
J-GLOBAL ID:200901098542640454   更新日: 2021年10月21日

今井 俊夫

イマイ トシオ | Imai Toshio
所属機関・部署:
職名: 施設長/部門長
研究分野 (12件): 実験病理学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  実験病理学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (4件): 実験病理学 ,  発がん ,  毒性病理学 ,  Toxicologic Pathology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2018 腫瘍性病変をエンドポイントとするオルガノイド系を用いる食品添加物等の遺伝毒性・発がん性の短期包括的試験法の開発
  • 2011 - 2013 食習慣の乳腺発がんに及ぼす影響に関する研究
  • 2003 - 2011 アクリルアミドの発がん性に関する研究
  • 2007 - 2007 Molecular mechanisms of inflammation-associated colorectal carcinogenesis in rats.
  • 2003 - 2007 Acrylamide-indeced carcinogenesis in rats.
全件表示
論文 (61件):
  • Yukino Machida, Toshio Imai. Different properties of mammary carcinogenesis induced by two chemical carcinogens, DMBA and PhIP, in heterozygous BALB/c Trp53 knockout mice. Oncology Letters. 2021. 22. 4
  • Mie Naruse, Masako Ochiai, Shigeki Sekine, Hirokazu Taniguchi, Teruhiko Yoshida, Hitoshi Ichikawa, Hiromi Sakamoto, Takashi Kubo, Kenji Matsumoto, Atsushi Ochiai, et al. Re-expression of REG family and DUOXs genes in CRC organoids by co-culturing with CAFs. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Mie Naruse, Ryoichi Masui, Masako Ochiai, Yoshiaki Maru, Yoshitaka Hippo, Toshio Imai. An organoid-based carcinogenesis model induced by in vitro chemical treatment. Carcinogenesis. 2020
  • Matsuura T, Maru Y, Izumiya M, Hoshi D, Kato S, Ochiai M, Hori M, Yamamoto S, Tatsuno K, Imai T, et al. Organoid-based ex vivo reconstitution of Kras-driven pancreatic ductal carcinogenesis. Carcinogenesis. 2019. 41. 4. 490-501
  • Ochiai M, Yoshihara Y, Maru Y, Tetsuya M, Izumiya M, Imai T, Hippo Y. Kras-driven heterotopic tumor development from hepatobiliary organoids. Carcinogenesis. 2019
もっと見る
MISC (26件):
  • 泉谷 昌志, 吉原 靖典, 丸 喜明, 落合 雅子, 松浦 哲也, 今井 俊夫, 筆宝 義隆. 変異遺伝子のin vitro再構成による胆管細胞発がんの誘導(Induced Tumorigensis by in vitro Reconstitution of Genetic Alterations in Biliary Tract Cells). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 1524-1524
  • 今井俊夫, 成瀬美衣, 落合雅子, 筆宝義隆. マウス大腸オルガノイドのPhIP誘発発がん早期過程における遺伝子変異. 日本実験動物学会総会講演要旨集. 2018. 65th. 136
  • 今井俊夫, 成瀬美衣, 落合雅子, 筆宝義隆. マウス正常上皮組織由来オルガノイドの化学発がん物質に対する反応性. がん予防学術大会プログラム・抄録集. 2018. 2018. 38
  • 今井 俊夫, 落合 雅子, 成瀬 美衣, 筆宝 義隆. マウス大腸オルガノイドを用いるPhIPの発がんメカニズムの解析. 日本毒性病理学会講演要旨集. 2018. 34回. 67-67
  • 成瀬 美衣, 落合 雅子, 筆宝 義隆, 今井 俊夫. アクリルアミド暴露によるマウスオルガノイド培養系の形態的変化. 日本癌学会総会記事. 2017. 76回. P-2002
もっと見る
書籍 (1件):
  • マウス表現型解析スタンダード
    羊土社 2016
学歴 (4件):
  • - 1987 帯広畜産大学 獣医学専攻
  • - 1987 帯広畜産大学
  • - 1985 帯広畜産大学 獣医学科
  • - 1985 帯広畜産大学
学位 (2件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学)
  • 獣医学修士 (帯広畜産大学)
経歴 (6件):
  • 2008 - 現在 :国立がん研究センター研究所 動物実験施設長/がんモデル開発部門長
  • 2001 - 2008 :国立医薬品食品衛生研究所病理部 室長
  • 2001 - 2008 : Section Chief, Division of Pathology, National Institute of Health Science
  • 2008 - - : Head, Central Laboratory Animal Laboratory
  • 1987 - 2001 :エーザイ(株)安全性研究所 主幹研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2009 - 現在 日本癌学会 評議員
  • 2002 - 現在 日本毒性病理学会 評議員
  • 2001 - 現在 日本獣医学会 評議員
  • 2002 - 2002 The Japanese Society of Toxicologic Pathology Councilor
  • 2001 - 2002 The Japanese Society of Veterinary Science Councilor
受賞 (1件):
  • 2008/03 - 日本獣医病理学会優秀論文賞
所属学会 (11件):
日本毒性学会 ,  米国毒性病理学会(Society of Toxicologic Pathologists) ,  日本癌学会 ,  日本病理学会 ,  日本獣医学会 ,  日本毒性病理学会 ,  Society of Toxicologic Pathologists ,  The Japanese Cancer Association ,  The Japanese Society of Pathology ,  The Japanese Society of Veterinary Science ,  The Japanese Society of Toxicologic Pathology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る