研究者
J-GLOBAL ID:200901098758342903   更新日: 2021年10月30日

菅原 正則

スガワラ マサノリ | Sugawara Masanori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/staff.miyakyo-u.ac.jp/msugawa/home
研究分野 (2件): 建築環境、建築設備 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (7件): 建築環境 ,  住環境教育 ,  建築環境工学 ,  家庭科教育 ,  住居 ,  バイオクライマティックデザイン ,  熱環境
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2014 - 2016 在室行動と室内環境のローコストモニタリングによる放射暖房のスマート制御
  • 2010 - 2012 住宅における最適な空調制御のための滞在行動計測法開発と 環境調整行動の教育的誘導
  • 2006 - 2008 環境調整行動と熱・空気環境のモニタリングを導入した住環境教育プログラムの開発
  • 2003 - 2005 環境調節行動のモニタリングによる居住者の環境配慮意識形成に関する研究
  • 2002 - 2005 建築環境教育のための教具と学習プログラムの開発研究
全件表示
論文 (5件):
  • 王云霄, 菅原正則, 石田泰之, 持田灯. 加熱機器の熱放射特性の測定方法. 建築科学. 2020. 36. 12. 189-192
  • 林 基哉, 菅原 正則, 本間 義規, 倉渕 隆. 戸建住宅における窓開放の年推移に関する調査:引違窓の開巾の連続測定法と開巾の年間特性. 日本建築学会環境系論文集. 2016. 81. 719. 93-100
  • Motoya Hayashi, Yoshinori Honma, Masanori Sugawara. Dwellers’ habit of opening windows in detached houses in cold and hot-humid climate of Japan. Journal of Environmental Protection. 2014. Vol.5. 663-671
  • Mitsutoshi Fujikawa, Hiroshi Yoshino, Rie Takaki, Hiroyasu Okuyama, Motoya Hayashi, Masanori Sugawara. Development of Ventilation Measurement Method Using Human Expiration- Experimental Study for Estimation Accuracy-. Proceedings of The 6th International Conference on Indoor Air Quality, Ventilation & Energy Conservation in Buildings (IAQVEC). 2007. 3. 177-184
  • Hoyano, A, Sugawara, M, Sato, E. Application of the Breathing Wall to a Ceiling/a Pitched Roof and Its Properties of Natural Ventilation, Thermal Insulation, and Moisture Penetration(共著). ISES 1995, Solar World Congress"IN SEARCH OF THE SUN". 1995
MISC (251件):
  • 堀早紀子, 菅原正則. 室内模型を用いた「居心地の良い室内環境」を考える学習プログラムの提案. 空気調和・衛生工学会東北支部第10回学術・技術報告会論文集. 2021. 21-24
  • 遠藤里央, 菅原正則, 小林光, 江刺美和. 中学校教室における空気・衛生環境の実態. 空気調和・衛生工学会東北支部第10回学術・技術報告会論文集. 2021. 41-44
  • 菅原正則, 野角光治. スマートハウスの効果を体験する建物模型教材の開発とオンラインワークショップの実践. 空気調和・衛生工学会東北支部第10回学術・技術報告会論文集. 2021. 25-28
  • 王云霄, 石田泰之, 菅原正則, 持田灯. 屋外街路空間に存在する各種物体の熱放射特性に関する研究(その2)可視法に基づく自動車の熱放射特性の計測及び植栽物の放射熱遮蔽効果. 日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集 D環境工学. 2020. 901-902
  • 菅原正則, 小林光, 江刺美和. 仙台市の中学校教室における冬季および夏季の環境マイクロバイオーム実態調査. 日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集 D環境工学. 2020. 1569-1570
もっと見る
書籍 (5件):
  • 設計のための建築環境学 : みつける・つくるバイオクライマティックデザイン
    彰国社 2021 ISBN:9784395321650
  • Proposal of a Breathing Wall as an architectural member for a passive solar system in a temperate and humid climate region
    Proceedings of Pan Pacific Symposium on Building and Urban Environment Con ditioning in Asia 1995
  • The effect of natural cross ventilation on indoor climatic comfort in summer
    Design of Amenity 1995
  • Proposal of a Breathing Wall as an architectural member for a passive solar system in a temperate and humid climate region
    Proceedings of Pan Pacific Symposium on Building and Urban Environment Con ditioning in Asia 1995
  • The effect of natural cross ventilation on indoor climatic comfort in summer
    Design of Amenity 1995
Works (8件):
  • 建築環境教育のための教具と学習プログラムの開発研究
    2002 - 2005
  • 韓国の伝統集落における自然共生型住空間の保存を目的とした環境デザインの提案
    2001 - 2004
  • Proposal of environmental design to conserve a climate-conscious traditional village in Korea
    2001 - 2004
  • 韓国の伝統集落における自然共生型住空間のデザイン規範に関する調査研究
    1998 - 2000
  • A climate-conscious design of a traditional village in Korea
    1998 - 2000
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1996 東京工業大学 社会開発工学専攻 博士課程
  • 1991 - 1993 東京工業大学 社会開発工学専攻 修士課程
  • - 1991 東北大学 建築学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
  • 修士(工学) (東京工業大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 宮城教育大学 教授
  • 2016/10 - 2017/03 ディーキン大学 客員研究員
  • 2007/04 - 2015/03 宮城教育大学 准教授
  • 2000/10 - 2007/03 宮城教育大学 助教授
  • 1997/04 - 2000/09 札幌市立高等専門学校 講師
全件表示
所属学会 (6件):
室内環境学会 ,  日本エネルギー環境教育学会 ,  住まいと環境 東北フォーラム ,  日本太陽エネルギー学会 ,  空気調和・衛生工学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る