研究者
J-GLOBAL ID:200901098806352266   更新日: 2018年11月15日

石川 義孝

イシカワ ヨシタカ | Ishikawa Yoshitaka
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
研究分野 (1件): 地理学
研究キーワード (5件): 居住地分化 ,  移動 ,  外国人 ,  エスニック集団 ,  人口
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 人口地理学
  • 国際人口移動
論文 (12件):
  • 石川 義孝. 日本の国際人口移動:人口減少問題の解決策となりうるか?. 人口問題研究. 2014. 70. 3. 244-263
  • 石川義孝, 竹下修子, 花岡和聖. 2005~2010年における新規流入移動と国内移動からみた外国人の目的地選択. 京都大学文学部研究紀要. 2014. 53. 293-318
  • 石川義孝, 矢野桂司. 2013年京都国際地理学会議の報告: 事務局. 人文地理. 2014. 66. 1. 80-86
  • 石川 義孝. 2013年京都国際地理学会議の報告. 人口学研究. 2014. 50. 1. 95-96
  • 石川 義孝. 国勢調査のデータを日本在住の外国人の研究に利用する. エストレーラ. 2013. 2013. 2. 30-33
もっと見る
MISC (6件):
  • Ishikawa, Y. Mapping foreign residents in Japan: its importance and an introduction of maps. presented at the session organized by IGU Commission on Global Change and Human Mobility (Globility) in IGC Cologne at University of Cologne, Cologne, Germany, on August 26-30, 2012. 2012
  • 石川義孝. 京都国際地理学会議の目的とテーマ. 日本地理学会特別講演会<2013年京都国際地理学会議に向けて>、首都大学東京. 2012
  • Ishikawa,Y. Displaced human mobility in Japan due to the earthquake/tsunami and the nuclear plant crisis. presented at the Rome Meeting organized by IGU Commission on Global Change and Human Mobility (Globility), Rome Sapienza University, Rome, Italy. 2011
  • 石川義孝. 地図でみる日本の外国人-現状と課題-. 人文地理学会第38回都市圏研究部会、キャンパスプラザ. 2011
  • Ishikawa, Y. Impact of economic crisis on human mobility in Japan. the Haifa Meeting organized by IGU Commission on Global Change and Human Mobility (Globility),University of Haifa, Haifa, Israel. 2010
もっと見る
書籍 (9件):
  • International Migrants in Japan: Contributions in an Era of Population Decline
    京都大学学術出版会 2015
  • 栗原市の誕生と同市の岩手・宮城内陸地震および東日本大震災への対応
    科研研究成果報告書 2014
  • 都市をめぐる国際人口移動
    ミネルヴァ書房 2014
  • Traditional Wisdom and Modern Knowledge for the Earth's Future
    Springer 2014
  • 都市地理学を横目でながめつつ
    古今書院 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 2010年国勢調査からみた日本の引退移動
    (森川先生傘寿祝賀記念講演会 2015)
  • Does destination choice by Japan's foreign residents help to alleviate regional disparity?
    (Human Geography Seminar 2014)
  • 2005~2010年における新規流入移動と国内移動からみた外国人の目的地選択
    (日本人口学会第66回大会 2014)
  • 日本の国際人口移動:人口減少問題の解決策になりうるか?
    (第18回厚生政策セミナー 2013)
  • Significance of mapping foreign residents in Japan
    (International Geograophical Union Kyoto Regional Conference 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1977 京都大学 文学研究科 地理学
  • - 1975 京都大学 文学部 人文地理学
学位 (2件):
  • 文学修士 (京都大学)
  • 博士(文学) (京都大学)
委員歴 (6件):
  • 2000 - 2004 国際地理学連合「グローバル変化と人口流動」研究委員会 Secretary-general
  • 2000 - 2002 人文地理学会 庶務理事
  • 1997 - 2002 Geographical and Environmental Modelling Editorial Board Member
  • 1999 - 地理情報システム学会 学術委員
  • 1999 - 応用地域学会 運営委員・編集委員
全件表示
所属学会 (10件):
Geographical and Environmental Modelling ,  International Journal of Population Geography ,  人文地理学会 ,  国際地理学連合「グローバル変化と人口流動」研究委員会 ,  地理情報システム学会 ,  日本人口学会 ,  応用地域学会 ,  Association of American Geographers ,  経済地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る