研究者
J-GLOBAL ID:200901098924138678   更新日: 2021年10月27日

細川 英雄

ホソカワ ヒデオ | Hosokawa Hideo
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
ホームページURL (1件): http://gbki.org/
研究分野 (1件): 日本語教育
研究キーワード (4件): 第二言語 ,  母語 ,  実践研究 ,  言語文化教育
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2011 - 2012 自律的日本語学習の支援を基盤とした留学生支援システムの構築
  • 2010 - 2012 アイデンティティ形成に関する言語教育とその教師養成・研修プログラムの実践的研究
  • 2009 - 2010 アイデンティティ形成に関わる活動型日本語教育とその教師養成プログラムの実践的研究
  • 2008 - 2009 日本語教育における「実践研究」の方法論構築およびその実現コミュニティの生成と普及
  • 2007 - 2009 「共生日本語」教育構築の試み-「共生日本語」による教室実践モデル開発
全件表示
論文 (110件):
  • 細川英雄. 対話の場の形成と発展--『リテラシーズ』のバイオグラフィからの知見. リテラシーズ. 2020. 23
  • 細川 英雄. 「日本語人」という生き方-ことばによって人は何をめざすのか. 南米日本語教育シンポジウム2017:南米における日本語教育の現在と未来-日系社会のポテンシャル. 2018. 25-34
  • 細川 英雄. 学習者主体からことばの市民へ ポリティクスとしての言語文化教育の歴史と革新. 言語文化教育研究. 2017. 15. 58-66
  • 細川 英雄. 対話は言語教育に何をもたらすか. ヨーロッパ日本語教育. 2016. 20. 19-30
  • 細川 英雄. 公共日本語教育という思想へ:早稲田日研のこれまでとこれから. 早稲田日本語教育学. 2016. 20. 21-31
もっと見る
MISC (6件):
  • 細川 英雄, Hideo Hosokawa. Policy Topics 「ことばの市民」になる教育へ : 自己・他者そして社会の外国語学習. Journal of policy studies = 総合政策研究. 2016. 52. 87-89
  • 細川 英雄. 日本語教育学の未来を拓く実践研究の翼として -『早稲田日本語教育実践研究』刊行記念号によせて-. 早稲田日本語教育実践研究. 2012. 1. 1-1
  • Hideo HOSOKAWA. Interculturalite et Dynamique du dialigue-pour une integration de la culture a la langue-. Enseignement du Japonais en France. 2010. 5. 32-53
  • Hosokawa,H. Integration of Language and Culture:A Theory of "An Individual's Culture"in Japanese Langage Teaching. Paris Lectures in Japanese Linguistics Kurosio Publishers. 2005
  • Hosokawa, H. Acquisition de la culture dans le Japonais Langue Etrangere. 早稲田大学語学教育研究所紀要. 1997. 52. 57-67
もっと見る
書籍 (61件):
  • 私はいかにして表現活動主義者となったか--思考と表現の往還から学習者主体へ
    ココ出版 2020
  • コミュニケーションとは何かーポスト・コミュニカティブ・アプローチ
    くろしお出版 2019
  • 対話をデザインするー伝わるとはどういうことか
    ちくま新書 2019 ISBN:4480072292
  • グローバル化のなかの異文化間教育
    明石書店 2019 ISBN:9784750348018
  • キャリアデザインのための自己表現ー過去・現在・未来を結ぶバイオグラフィ
    東京図書 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • 社会的行為主体としてのことばの活動とは何か
    (日本社会を生きるとは ーことばのオートノミーと社会的行為主体ー 2019)
  • 市民性形成はなぜ言語文化教育の目的として位置づけられるのか
    (第5回年次大会 2019)
  • 複言語主義をどう解釈するか - 欧州評議会の理念と日本社会 -
    (CEFRの理念と現実 2019)
  • 教えない教え方・理論背景編
    (第49回年次研究集会 2019)
  • なぜ実践と研究は統合されるのか ~ 人間学としての実践研究 ~
    (思考と言語研究会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1977 早稲田大学 日本文学専攻
  • - 1977 早稲田大学
  • - 1971 早稲田大学 日本文学専攻
  • - 1971 早稲田大学
学位 (2件):
  • 博士(教育学) (早稲田大学)
  • M.A. in Literature (Waseda University)
経歴 (5件):
  • 2013 - 現在 早稲田大学 国際学術院 名誉教授
  • 2001 - 2013 早稲田大学 大学院日本語教育研究科
  • 1991 - 2013 早稲田大学 日本語研究教育センター
  • 1986 - 1991 金沢大学 教養部
  • 1979 - 1986 信州大学 教育学部
委員歴 (2件):
  • 2000 - 2008 日本語教育学会 理事、研究集会委員会委員長
  • 1990 - 1999 日本語教育学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2004 - 日本語教育学会 第2回奨励賞
  • 1989 - 第5回ヨゼフ・ロゲンドルフ賞
所属学会 (3件):
言語文化教育研究学会 ,  日本言語政策学会 ,  日本語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る