研究者
J-GLOBAL ID:200901099149703378   更新日: 2020年07月15日

巽 智秀

タツミ トモヒデ | Tatsumi Tomohide
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (3件): 癌免疫学 ,  肝臓病学 ,  消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (52件):
  • Kurahashi T, Yoshida Y, Ogura S, Egawa M, Furuta K, Hikita H, Kodama T, Sakamori R, Kiso S, Kamada Y, Wang IC, Eguchi H, Morii E, Doki Y, Mori M, Kalinichenko VV, Tatsumi T, Takehara T. Forkhead Box M1 transcription factor drives liver inflammation linking to hepatocarcinogenesis in mice. Cell Mol Gastroenterol Hepatol. 2019
  • Sasaki Y, Sakamori R, Yamada R, Shigekawa M, Tahata Y, Makino Y, Nakabori T, Kodama T, Hikita H, Tatsumi T, Takehara T. Lenvatinib and warfarin potassium coadministration caused prothrombin time prolongation: a case report. Hepatology research. 2019
  • Ryoko Yamada, Naoki Hiramatsu, Tsugiko Oze, Ayako Urabe, Yuki Tahata, Naoki Morishita, Takahiro Kodama, Hayato Hikita, Ryotaro Sakamori, Takayuki Yakushijin, Akira Yamada, Hideki Hagiwara, Eiji Mita, Masahide Oshita, Toshifumi Itoh, Hiroyuki Fukui, Yoshiaki Inui, Taizo Hijioka, Masami Inada, Kazuhiro Katayama, Shinji Tamura, Atsuo Inoue, Yasuharu Imai, Tomohide Tatsumi, Toshimitsu Hamasaki, Norio Hayashi, Tetsuo Takehara. Incidence and risk factors of hepatocellular carcinoma change over time in HCV patients who achieved sustained virologic response. Hepatology Research. 2019. 49. 5. 570-578
  • Yoshinobu Saito, Hayato Hikita, Yasutoshi Nozaki, Yugo Kai, Yuki Makino, Tasuku Nakabori, Satoshi Tanaka, Ryoko Yamada, Minoru Shigekawa, Takahiro Kodama, Ryotaro Sakamori, Tomohide Tatsumi, Tetsuo Takehara. DNase II activated by the mitochondrial apoptotic pathway regulates RIP1-dependent non-apoptotic hepatocyte death via the TLR9/IFN-β signaling pathway. (137) Cell Death and Differentiation. 2019. 26. 3. 470-486
  • Tetsuo Takehara, Naoya Sakamoto, Shuhei Nishiguchi, Fusao Ikeda, Tomohide Tatsumi, Yoshiyuki Ueno, Hiroshi Yatsuhashi, Yasuhiro Takikawa, Tatsuo Kanda, Minoru Sakamoto, Akihiro Tamori, Eiji Mita, Kazuaki Chayama, Gulan Zhang, Shampa De-Oertel, Hadas Dvory-Sobol, Takuma Matsuda, Luisa M. Stamm, Diana M. Brainard, Yasuhito Tanaka, Masayuki Kurosaki. Efficacy and safety of sofosbuvir-velpatasvir with or without ribavirin in HCV-infected Japanese patients with decompensated cirrhosis: an open-label phase 3 trial. ournal of Gastroenterology. 2019. 54. 1. 87-95
もっと見る
MISC (302件):
  • 山井琢陽, 重川稔, 佐藤悠, 岡部純弥, 田村猛, 佐藤克彦, 占部真貴子, 須田貴広, 吉岡鉄平, 阪森亮太郎, 巽智秀, 竹原徹郎. EUS-FNAにて診断し得た膵悪性リンパ腫の一例. 膵臓(Web). 2019. 34. 3. A356-A357(J-STAGE)
  • 重川稔, 吉岡鉄平, 山井琢陽, 須田貴広, 佐藤克彦, 占部真貴子, 田村猛, 岡部純弥, 佐藤悠, 阪森亮太郎, 巽智秀, 竹原徹郎. EUS-FNA時のneedle tract seedingにより胃壁内転移を来した膵尾部癌の1例. 膵臓(Web). 2019. 34. 3. A325-A326(J-STAGE)
  • 吉岡鉄平, 重川稔, 須田貴広, 岡部純弥, 佐藤悠, 田村猛, 佐藤克彦, 占部真貴子, 山井琢陽, 阪森亮太郎, 巽智秀, 竹原徹郎. 低リスク膵嚢胞患者におけるIPMN由来癌及び並存癌の危険因子. 膵臓(Web). 2019. 34. 3. A55(J-STAGE)
  • 吉岡 鉄平, 重川 稔, 須田 貴広, 岡部 純弥, 佐藤 悠, 田村 猛, 佐藤 克彦, 占部 真貴子, 山井 琢陽, 阪森 亮太郎, 巽 智秀, 竹原 徹郎. IPMNに関する課題克服に向けて 低リスク膵嚢胞患者におけるIPMN由来癌及び並存癌の危険因子. 膵臓. 2019. 34. 3. A55-A55
  • 重川 稔, 吉岡 鉄平, 山井 琢陽, 須田 貴広, 佐藤 克彦, 占部 真貴子, 田村 猛, 岡部 純弥, 佐藤 悠, 阪森 亮太郎, 巽 智秀, 竹原 徹郎. EUS-FNA時のneedle tract seedingにより胃壁内転移を来した膵尾部癌の1例. 膵臓. 2019. 34. 3. A325-A326
もっと見る
書籍 (1件):
  • Hepatplogy Parctice 第1巻「B型肝炎の診療を極める」 免疫応答と持続感染
    文光堂 2013 ISBN:9784830618901
Works (6件):
  • 非アルコール性脂肪肝炎における肝細胞死Bcl-2ネットワーク
    2009 -
  • 肝癌幹細胞に対する癌免疫治療とその分子機構の解析
    2009 -
  • 肝癌におけるNKレセプターそのリガンドの発現制御機構の解明と新規治療法の開発
    2009 -
  • 肝癌におけるNKレセプターそのリガンドの発現制御機構の解明と新規治療法の開発
    2008 -
  • ナノテクノロジーを用いた樹状細胞活性化機構の解析と肝癌免疫治療
    2008 -
もっと見る
学位 (2件):
  • MD (大阪大学)
  • PhD (大阪大学)
委員歴 (5件):
  • 2012/12 - 現在 日本内科学会近畿支部 評議員
  • 2012/06 - 現在 日本肝臓学会 評議員
  • 2012/01 - 現在 日本消化器病学会 学会評議員
  • 2007/12 - 現在 日本肝臓学会西部会 評議員
  • 2007/01 - 現在 日本消化器病学会近畿支部 評議員
受賞 (5件):
  • 2010 - 日本肝臓学会 第3回「CHUGAI Award」
  • 2006 - 平成17年度財団法人ウイルス肝炎研究財団研究奨励金
  • 2005 - (財)大阪対ガン協会平成16年度ガン研究助成
  • 2004 - (財)大阪対ガン協会平成15年度ガン研究助成
  • 2000 - 第8回浜名湖シンポジウム研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本癌学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る