研究者
J-GLOBAL ID:200901099333245269   更新日: 2020年08月31日

大藤 茂

オオトウ シゲル | Otoh Shigeru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 地球生命科学 ,  固体地球科学 ,  固体地球科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1990 - 延性剪断帯の微細構造と変形物理条件との関連
  • 1985 - 東アジアの中生代剪断変形史
  • 1981 - 日本列島先第三紀地質体の古生物地理および古地磁気学的復元
論文 (21件):
  • 長田充弘, 高地吉一, 大藤 茂. 長崎県野母半島樺島花崗岩産ジルコンのU-Pb年代. 地質学雑誌. 2020. 126. 6. 333-339
  • 宮田和周, 長田充弘, 仁木創太, 服部健太郎, 大林秀行, 平田岳史, 大藤 茂. 九州北部福岡県筑豊炭田の直方層群下部のジルコンU-Pb年代. 地質学雑誌. 2020. 126. 5. 251-266
  • 金子 一夫, 長田 充弘, 高地 吉一, 山本 鋼志, 大藤 茂. 富山県に分布する太美山層群のジルコンU-Pb年代. 地質学雑誌. 2019. 125. 11. 781-792
  • Matsui, K, Y. Kimura, M. Nagata, H. Inose, K. Ikeda, B. L. Beatty, H. Obayashi, T. Hirata, S. Otoh, T. Shinmura, S. Agematsu, K. Sashida. A long-forgotten ‘dinosaur’ bone from a museum cabinet, uncovered to be a Japan's iconic extinct mammal, Paleoparadoxia (Desmostylia, Mammalia). Royal Society Open Science. 2018. 5. 172441
  • 佐野晋一, 後藤道治, 成田貴人, 脇本晃美, 大藤 茂. 福井県大野市大納地域からの後期ジュラ紀アンモノイドの産出と九頭竜地域手取層群の対比再検討. 福井県立恐竜博物館紀要. 2013. 12. 1-16
もっと見る
MISC (93件):
  • Otoh, S, Miyake, Y, Nagata, M, Didenko, A. N, Kudymov, A. V, Arkhipov, M. V, Yamamoto, K. Cretaceous Amur sedimentary complex in the Kiselevka area, Far East Russia: Cretaceous history of accretion and rearrangement. JpGU - AGU Joint Meeting 2020. 2020. SGL33-07
  • 陳 翔羽, 大田敬豊, 久保見 幸, 長田充弘, 山本鋼志, 大藤 茂. 石川県能登半島の高洲山層と忍閃緑岩の形成年代と道下層の後背地. JpGU - AGU Joint Meeting 2020. 2020. SGL34-P07
  • 久保見 幸, 佐野晋一, 村上みなみ, 大田敬豊, 長田充弘, 山本鋼志, 大藤 茂. 砕屑性ジルコン年代分布からみる東北日本蝦夷堆積盆の後背地. JpGU - AGU Joint Meeting 2020. 2020. SGL33-P06
  • 佐野晋一, 山田敏弘, 長田充弘, 大藤 茂, 中田健太郎. 「手取層群」の大区分と時代論について. 日本地質学会学術大会講演要旨. 2019. 272-272
  • 宮田和周, 長田充弘, 仁木創太, 服部健太郎, 大林秀行, 平田岳史, 大藤 茂. 福岡県直方層群三尺五尺層のU-Pbジルコン年代と九州古第三紀軟体動物化石年代層序との関連. 日本地質学会学術大会講演要旨. 2019. 2019. 214-214
もっと見る
書籍 (3件):
  • 中生代層、古生代層
    富山・飛騨山地地質図 縮尺1:125,000(小林武彦編,ダイチ株式会社) 2000
  • 中・古生代の非変成層と濃飛流紋岩類
    大地をさぐる-富山と飛騨山地-(小林武彦編,ダイチ株式会社) 2000
  • Symmetrical zonal arrangement of pre-Jurassic rocks in Southwest Japan and its tectonic implications. (共著)
    XVI Pacific Science Congress, Seoul, Korea, Abstracts, I 1987
Works (16件):
  • Geological investigation of Paleo-Mesozoic geologic units in Sikhote-Alin and Khabarovsk territories, Russia
    1997 - 2003
  • 飛騨外縁帯剪断帯群の地質調査
    1994 - 2003
  • Geological investigation of the Cretaceous sedimentary basis in Korea
    2001 -
  • Geological investigation of Inner Mongolian Autonomous Region, P.R. China
    1999 - 2000
  • Short-term specialist of Japan International Cooperation Agency to"Research Center of Mineral Resource Exploration(China)"
    2000 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 東京大学 理学系研究科 地質学
  • - 1982 東京大学 理学部 地学科地質学鉱物学課程
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2019/10 - 現在 富山大学学術研究部都市デザイン学系 教授
  • 2006/04 - 2019/09 富山大学大学院理工学研究部(理学)教授
  • 2005/04 - 2006/03 富山大学理学部教授
  • 1994/06 - 2005/03 富山大学理学部 助教授
  • 1987 - 1994 富山大学理学部 助手
委員歴 (1件):
  • 1985 - 日本地質学会 評議員
所属学会 (5件):
大韓地質学会 ,  国際構造地質学テクトニクス研究者連合(International Association of Structural and Tectonic Geologists) ,  アメリカ地球物理協会(American Geophysical Union) ,  東京地学協会 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る