研究者
J-GLOBAL ID:200901099429091955   更新日: 2019年12月11日

外園 千恵

ソトゾノ チエ | SOTOZONO Chie
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 眼科学
研究キーワード (1件): 角膜
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2018 - 2021 SJS/TEN眼後遺症に向けた戦略的研究
  • 2017 - 2020 難治性眼表面疾患に対する培養自家口腔蓮膜シート移植
  • 2014 - 2017 エネルギー応答を指標とする角膜内皮障害の創薬標的と早期診断基盤技術の開発
  • 2012 - 2016 患者支援に基づくSJS/TEN後遺症の発症予防と治療法の確立
  • 2013 - 2015 重症多型浸出性紅斑眼障害の克服に向けた新規医療機器の開発
全件表示
論文 (102件):
  • Nakatani K, Ueta M, Khor SS, Hitomi Y, Okudaira Y, Masuya A, Wada Y, Sotozono C, Kinoshita S, Inoko H, Tokunaga K. Identification of HLA-A*02:06:01 as the primary disease susceptibility HLA allele in cold medicine-related Stevens-Johnson syndrome with severe ocular complications by high-resolution NGS-based HLA typing. Scientific reports. 2019. 9. 1. 16240
  • Terao N, Koizumi H, Kojima K, Kusada N, Nagata K, Yamagishi T, Yoneda K, Yoshii K, Kinoshita S, Sotozono C. Short axial length and hyperopic refractive error are risk factors of central serous chorioretinopathy. The British journal of ophthalmology. 2019
  • Nakayama T, Watanabe A, Rajak S, Yamanaka Y, Sotozono C. Congenital nasolacrimal duct obstruction continues trend for spontaneous resolution beyond first year of life. The British journal of ophthalmology. 2019
  • Kitazawa K, Hikichi T, Nakamura T, Nakamura M, Sotozono C, Masui S, Kinoshita S. Direct Reprogramming Into Corneal Epithelial Cells Using a Transcriptional Network Comprising PAX6, OVOL2, and KLF4. Cornea. 2019. 38 Suppl 1. S34-S41
  • Mieno H, Marunaka Y, Inaba T, Kojima K, Yoneda K, Nagata K, Sotozono C. pH balance and lactic acid increase in the vitreous body of diabetes mellitus patients. Experimental eye research. 2019. 188. 107789
もっと見る
MISC (29件):
  • 川端 真理子, 福岡 秀記, 向井 規子, 奥村 峻大, 岩間 亜矢子, 外園 千恵. 眼窩先端部症候群を合併した眼部帯状疱疹の1例. あたらしい眼科. 2019. 36. 10. 1326-1329
  • 青木 崇倫, 永田 健児, 関山 有紀, 中野 由起子, 中井 浩子, 外園 千恵. 非感染性ぶどう膜炎に対するアダリムマブの治療効果と安全性. あたらしい眼科. 2019. 36. 9. 1198-1203
  • 小橋 晃弘, 渡辺 彰英, 中山 知倫, 山中 亜規子, 外園 千恵. 眼窩悪性リンパ腫の組織分類と治療予後の検討. あたらしい眼科. 2019. 36. 9. 1209-1212
  • 吉岡 誇, 稗田 牧, 中井 義典, 中村 葉, 張 佑子, 鎌田 さや花, 外園 千恵. 近視性後天性内斜視の調節機能および立体視機能. あたらしい眼科. 2019. 36. 9. 1213-1217
  • 浅川 卓也, 稗田 牧, 佐々木 美帆, 張 佑子, 鎌田 さや花, 中井 義典, 中村 葉, 外園 千恵. 先天性強度近視における視力発達と予後. 日本眼科学会雑誌. 2019. 123. 9. 919-923
もっと見る
特許 (5件):
  • 眼合併症を伴う重症薬疹の発症リスクの評価方法
  • アミノ酸含有眼科用組成物
  • スティーブンス・ジョンソン症候群の発症リスクの判定方法
  • 炎症性眼表面疾患の予防ないし治療剤
  • 抗菌性ペプチド、該抗菌性ペプチドをコードするポリヌクレオチド、並びに該抗菌性ペプチドを含有する抗菌剤、抗菌性医薬、点眼薬及び眼感染症疾患検査薬
書籍 (11件):
  • 網膜芽細胞腫の遺伝子診断 (共)
    遺伝子診断 (羊土社) 1993
  • 網膜芽細胞腫とRB遺伝子
    遺伝子診断と遺伝子治療 (東京化学同人) 1994
  • 角膜疾患治療の可能性 ..サイトカイン.. (共)
    角膜疾患の細胞生物学 メジカルビュー社 1995
  • 網膜芽細胞腫とRB遺伝子 (共)
    遺伝子診断実践ガイド 中外医学社 1995
  • 臨床における角膜移植の現状と問題点角膜上皮形成術、輪部移植
    メジカルビュー社 1996
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • シンポジウム:進化するコンタクトレンズ徹底検証「輪部支持型ハードコンタクトレンズ」
    (第72回日本臨床眼科学会 2018)
  • 医療・教育・福祉の連携
    (第27回視覚障害リハビリテーション研究発表大会IN 神戸「視覚リハ自分ごとプロジェクト」 2018)
  • Update in ocular surface diseases and surgery
    (4th Chulalongkorn Eye Center-Kyoto Prefectural University of Medicine Joint Meeting 2018)
  • シンポジウム:高齢者への新規医療の提供と課題・難治性眼表面疾患への新規医療
    (第60回日本老年医学会学術集会 2018)
  • Conjunctival MRSA in Patiens with Stevens-Johnson-Syndrome
    (The 6th Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 京都府立医科大学 医学部 医学科卒業
  • - 1995 京都府立医科大学大学院 医学研究科 博士課程修了 医学博士
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (16件):
  • 2004/02 - 京都府立医科大学 講師
  • 2002/04 - バプテスト眼科クリニック 顧問
  • 1999/04 - 京都府立医科大学 講師
  • 1995/07 - 京都府立医科大学 学内講師
  • 1995/04 - 京都府立医科大学 助手
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2012/07 - 現在 京都府医師会勤務医部会幹事会 委員
  • 2011/06 - 現在 日本眼科学会専門医制度委員会 資格認定委員会専門委員
  • 2011/01 - 現在 日本小児眼科学会 理事
  • 2006/11 - 現在 日本眼科学会 戦略企画委員
  • 2005/04 - 現在 日本眼科学会 評議員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2008 - 第43回エルウィン・フォン・ベルツ賞 1等賞 「再生医学による重症角膜疾患の新規治療法開発への戦略的研究」
  • 2004 - 日本眼感染症学会 学術奨励賞(三井賞) 臨床部門
  • 2000 - The millenium award 2000 London 「Different patterns of cytokine expression among three types of corneal surgeries and chemical injury」の論文に対して
  • 1995 - 京都府立医科大学学友会 青蓮賞 「家兎角膜上皮修復におけるkeratinocyte growth factor点眼投与の効果」の論文に対して
所属学会 (3件):
日本眼科学会 ,  日本角膜学会 ,  The Association for Research in Vision and Ophthalmlogy
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る