研究者
J-GLOBAL ID:200901099499668087   更新日: 2020年06月07日

高 ひかり

タカ ヒカリ | Taka Hikari
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.med.juntendo.ac.jp/kenkyu/53index.html
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (3件): Proteome解析 ,  生理活性物質の超微量分析 ,  ペプチド及びプロテインの構造に関する研究
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2020 メタボロミクスが究明する低出生体重児疾患発症リスク因子解明による先制医療の実現
  • 2017 - 2019 結節性硬化症遺伝子変異が惹起する代謝変動とエピゲノム制御異常の解明
  • 2016 - 2018 体質と環境のミスマッチが生じる糖尿病発症の機構解明による先制医療の実現
  • 2013 - 2015 膀胱がんにおける尿中腫瘍マーカーの探索
  • 2006 - 2008 ラットの運動に伴う活性酸素・活性窒素によるタンパク質修飾のプロテオミクス解析
全件表示
論文 (6件):
  • Choline-related metabolites influenced by feeding patterns in preterm and term infants. J Matern Fetal Neonatal Med. 2018. 1-6
  • Serum caffeine and metabolites are reliable biomarkers of early Parkinson disease. Neurology. 2018. 90. 5. e404-e411
  • Shoji H, Taka H, Kaga N, Ikeda N, Kitamura T, Miura Y, Shimizu T. A pilot study of the effect of human breast milk on urinary metabolome analysis in infants. J Pediatr Endocrinol Metab. 2017. 30. 9. 939-946
  • Characteristics of hepatic insulin-sensitive nonalcoholic fatty liver disease. Hepatol Commun. 2017. 1. 7. 634-647
  • Namba Y, Togo S, Tulafu M, Kadoya K, Nagahama KY, Taka H, Kaga N, Orimo A, Liu X, Takahashi K. Combination of glycopyrronium and indacaterol inhibits carbachol-induced ERK5 signal in fibrotic processes. Respir Res. 2017. 18. 1. 46
もっと見る
MISC (6件):
書籍 (1件):
  • 分子腎臓病学実験操作法
    文光堂 2003
Works (1件):
  • ONOOによるヒトCu, Zn-SOD蛋白質におけるTrp修飾の質量分析計による解析
    2000 -
学位 (1件):
  • 医学博士 (順天堂大学)
所属学会 (3件):
日本質量分析学会 ,  ABRF(Association of Biomoleculer Resource Facilites)(USA) ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る