研究者
J-GLOBAL ID:200901099576463736   更新日: 2008年12月23日

天野 珠子

アマノ タマコ | Amano Tamako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教育学 ,  社会心理学
研究キーワード (3件): モンテッソーリ教育 ,  幼児教育 ,  発達心理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2004 - 2004 少子化対策をどう捉えるか
  • 2003 - 保育者意識
  • 幼稚園教育におけるコンピテンスの発達
  • 保育者イメージと自己イメージの調査
  • モンテッソーリ教育
MISC (14件):
  • 幼稚園におけるモンテッソーリ教育の今日的課題. モンテッソーリ教育 34号. 2002. 34, 68-77
  • 保育形態と幼稚園の生活 その2. 駒沢女子短期大学紀要 第35号. 2002. (35), 1-10
  • 「保育者に問われるもの」(子どもに学ぶ自然の法則). 「モンテッソーリ教育」. 2001. 33. 93
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は-理論編-. モンテッソーリ教育(学会誌) 32号. 2000. 32. 58-66
  • 保育形態と幼稚園の生活. 駒沢女子短期大学紀要 第33号. 2000. 33. 1-8
もっと見る
書籍 (10件):
  • 発達心理学と子どもの成長 (共著)
    八千代出版 1996
  • 「モンテッソーリの教具・教材について」
    幼稚園辞典 1994
  • モンテッソーリ教育の道
    学苑社 1993
  • 新乳幼児心理学
    学芸図書 1990
  • 新幼児教育心理学
    学芸図書 1987
もっと見る
Works (7件):
  • 幼稚園における一斉活動と自由活動について(一般園とモンテッソーリ園の比較)日本保育学会第55回大会
    2002 -
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は、その3、(生きる力を育てる援助)日本モンテッソーリ協会(学会)第32回大会
    1999 -
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は、その2(有能感達成のための試み)日本モンテッソーリ協会(学会)第30回大会
    1997 -
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は(心理発達を踏まえた実践)日本モンテッソーリ協会(学会)第29回大会
    1996 -
  • 研究発表「モンテッソーリ法の言語教育」に関して他、日本モンテッソーリ教育大会計10回
    1975 - 1992
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1960 立教大学 文学部 心理教育
委員歴 (2件):
  • 2001 - 日本モンテッソーリ協会(学会) 常任理事
  • 1996 - 2000 日本モンテッソーリ協会(学会) 理事
所属学会 (5件):
日本モンテッソーリ協会(学会) ,  日本モンテッソーリ協会(学会) ,  国際幼児教育学会 ,  日本保育学会 ,  日本教育心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る