研究者
J-GLOBAL ID:200901099870916684   更新日: 2020年09月01日

伊賀 淳一

イガ ジュンイチ | Iga Junichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.m.ehime-u.ac.jp/school/neuropsychiatry/
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (3件): うつ病 ,  バイオマーカー ,  認知症
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2020 老年期うつ病とアルツハイマー型認知症の鑑別を目指した血液バイオマーカー研究
  • 2015 - 2017 うつ病患者における幼少期ストレスと白血球5HTT遺伝子発現とDNAメチル化の関連
  • 2011 - 2012 末梢白血球遺伝子発現を利用したうつ病診断キットの作成
  • 2006 - 2007 うつ病におけるLIM関連遺伝子群の分子医学的検討
  • うつ病の病態解明
論文 (11件):
  • Improvement of psychiatrists' clinical knowledge of the treatment guidelines for schizophrenia and major depressive disorders using the 'Effectiveness of Guidelines for Dissemination and Education in Psychiatric Treatment (EGUIDE)' project: A nationwide d. Psychiatry and clinical neurosciences. 2019
  • Ochi S, Mori T, Iga JI, Ueno SI. Dose-Dependent Efficacy of Tandospirone for an Oldest-Old Patient With Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia. Journal of clinical psychopharmacology. 2019
  • Nakata S, Yoshino Y, Okita M, Kawabe K, Yamazaki K, Ozaki Y, Mori Y, Ochi S, Iga JI, Ueno SI. Differential expression of the ghrelin-related mRNAs GHS-R1a, GHS-R1b, and MBOAT4 in Japanese patients with schizophrenia. Psychiatry research. 2018
  • Kusumi I, Arai Y, Okubo R, Honda M, Matsuda Y, Matsuda Y, Tochigi A, Takekita Y, Yamanaka H, Uemura K, Ito K, Tsuchiya K, Yamada J, Yoshimura B, Sato N. Predictive factors for hyperglycaemic progression in patients with schizophrenia or bipolar disorder. BJPsych Open. 2018
  • Sao T, Yoshino Y, Yamazaki K, Ozaki Y, Mori Y, Ochi S, Yoshida T, Mori T, Iga JI, Ueno SI. TREM1 mRNA Expression in Leukocytes and Cognitive Function in Japanese Patients with Alzheimer's Disease. Journal of Alzheimer's disease : JAD. 2018
もっと見る
MISC (128件):
  • 立花 亜由美, 吉田 卓, 森 崇明, 尾崎 優樹, 山崎 聖広, 吉野 祐太, 森 蓉子, 河邉 憲太郎, 越智 紳一郎, 安部 賢郎, 清水 秀明, 堀内 史枝, 小森 憲治郎, 伊賀 淳一, 上野 修一. 超高齢化地域における認知症の実態調査 大規模認知症コホート研究 中山町調査. 老年精神医学雑誌. 2019. 30. 増刊II. 200-200
  • 立花 亜由美, 吉田 卓, 森 崇明, 尾崎 優樹, 山崎 聖広, 吉野 祐太, 森 蓉子, 河邉 憲太郎, 越智 紳一郎, 安部 賢郎, 清水 秀明, 堀内 史枝, 小森 憲治郎, 伊賀 淳一, 上野 修一. 超高齢化地域における認知症の実態調査 大規模認知症コホート研究 中山町調査. 日本老年医学会雑誌. 2019. 56. Suppl. 90-90
  • 伊賀 淳一. 高齢者精神科診療・認知症診療における薬物療法を考える(No.3) 高齢者における向精神薬使用のガイドライン・指針の利用法. 老年精神医学雑誌. 2019. 30. 1. 85-89
  • 伊賀 淳一. うつ病における周辺症状にどう立ち向かうか? 老年期うつ病と認知症・認知機能. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018. 28回・48回. 170-170
  • 越智 紳一郎, 参田 文, 丹 紀代, 伊賀 淳一, 上野 修一. 施設入所中の認知症患者における周辺症状に対するtandospironeの有効性の検討 第2報. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018. 28回・48回. 189-189
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (徳島大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る