研究者
J-GLOBAL ID:200901099878491275   更新日: 2021年05月15日

曽我 謙悟

ソガ ケンゴ | Soga Kengo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学大学院公共政策連携研究部
ホームページURL (1件): http://soga.law.kyoto-u.ac.jp
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (12件): 官僚制 ,  ガバナンス ,  ゲーム理論 ,  現代日本政治 ,  計量分析 ,  選挙制度 ,  行政改革 ,  二元代表制 ,  行政学 ,  政治学 ,  中央-地方関係 ,  国際比較
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2020 - 2025 日本とアジアの市民社会と都市ガバナンスの比較実証・公共政策研究
  • 2020 - 2024 政治的分極化の総合的研究
  • 2019 - 2024 官僚の社会化メカニズムの解明を通じた現代日本官僚制の研究
  • 2019 - 2023 中央省庁の組織形態と政策活動:大規模データセットに基づく時系列分析と省庁間比較
  • 2018 - 2022 実証政治分析の基盤構築のための官僚の選好の総合的解明
全件表示
論文 (56件):
  • 曽我 謙悟. 一極集中を生む東京と地方の「共犯関係」 (総力特集 菅新政権と日本再生論). Voice. 2020. 515. 66-73
  • 曽我 謙悟. 今こそ「つまらない政治」を データで読み解くコロナ危機と知事のリーダーシップ. 中央公論. 2020. 134. 9. 118-125
  • 曽我 謙悟. データで読み解く感染症対策 保健・医療体制、コロナ対応の47都道府県格差 (特集 知事の虚と実). 中央公論. 2020. 134. 8. 52-61
  • 曽我 謙悟. 「安倍一強」のデータ分析 内閣人事局は何を変えたのか (特集 徹底検証 官僚劣化 : 誰が霞が関を「三流劇場」にしたのか). 中央公論. 2018. 132. 6. 50-59
  • 曽我 謙悟. 「埋め込まれた自由主義」の再検討 : 福祉レジームとの関係を視野に入れながら (伊藤・寺田・新川教授退職記念号). 法学論叢 = Kyoto law review. 2018. 182. 4. 104-127
もっと見る
MISC (21件):
  • 曽我 謙悟. 書評 伊藤修一郎著『政策実施の組織とガバナンス : 広告景観規制をめぐる政策リサーチ』. 季刊行政管理研究. 2020. 171. 100-103
  • 北村 亘, 曽我 謙悟, 伊藤 正次, 青木 栄一, 柳 至, 本田 哲也. 2019年官僚意識調査基礎集計. 阪大法学 = Osaka law review. 2020. 69. 6. 1590-1564
  • 曽我 謙悟. 永井史男;岡本正明;小林 盾(編著).『東南アジアにおける地方ガバナンスの計量分析-タイ,フィリピン,インドネシアの地方エリートサーベイから』晃洋書房,2019,iv+235p. 東南アジア研究. 2020. 58. 1. 113-116
  • 曽我 謙悟. 行政学 対象 柳至『不利益分配の政治学 : 地方自治体における政策廃止』有斐閣、2018年 (2019年度 書評). 年報政治学 = The annuals of Japanese Political Science Association. 2019. 2019. 1. 351-354
  • 曽我 謙悟. 特集のねらい 政府中枢の変化をめぐる国際比較. 年報行政研究. 2018. 53. 0. 2-6
もっと見る
書籍 (23件):
  • 日本の地方政府 : 1700自治体の実態と課題
    中央公論新社 2019 ISBN:9784121025371
  • 選挙ガバナンスの実態 日本編
    ミネルヴァ書房 2018
  • 災害に立ち向かう自治体間連携:東日本大震災にみる協力的ガバナンスの実態
    2017
  • 現代日本の官僚制
    東京大学出版会 2016 ISBN:9784130301619
  • 政治過程と政策
    東洋経済新報社 2016 ISBN:9784492223567
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 危機の時代の地方自治
    (大分市「第45回憲法記念講演会」 2020)
  • コロナショックの中の日本の地方自治:歴史的歩みから東京一極集中是正と地域創生まで
    (中部経済連合会 2020)
  • 定員管理の量的分析
    (地方公共団体の定員管理のあり方に関する研究会(総務省) 2020)
  • 安倍一強・忖度・官僚劣化:家産官僚制化する日本の官僚制?
    (日本公共選択学会 2019)
  • 安倍一強・忖度・官僚劣化:家産官僚制化する日本の官僚制?
    (関西行政学研究会 2019)
もっと見る
受賞 (3件):
  • 2017/06 - 日本公共政策学会 日本公共政策学会賞(著作賞)
  • 2014/02 - 日本学術振興会 第10回日本学術振興会賞
  • 2008/06 - 日本公共政策学会 日本公共政策学会賞(著作賞)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る