研究者
J-GLOBAL ID:200901099901297546   更新日: 2021年10月27日

高島 和希

タカシマ カズキ | Takashima Kazuki
所属機関・部署:
職名: 卓越教授
ホームページURL (1件): http://www.msre.kumamoto-u.ac.jp/%7Esentan/
研究分野 (1件): 構造材料、機能材料
研究キーワード (3件): 破壊と疲労 ,  機械的性質 ,  材料評価
競争的資金等の研究課題 (36件):
  • 2020 - 2025 マイクロ材料試験によるマルテンサイト組織鋼の疲労き裂伝播機構の解明と疲労強化設計
  • 2019 - 2022 マルチスケール力学試験による耐水素強靭化設計の指導原理の探求
  • 2015 - 2019 マイクロ材料試験による鋼のマルテンサイト強度発現機構の解明と強靭化設計への展開
  • 2016 - 2018 マイクロ単結晶を用いたその場観察破壊・疲労試験法の開発
  • 2014 - 2016 マイクロ材料試験によるMg-Zn-Y合金LPSO相の破壊・疲労機構の解明
全件表示
論文 (152件):
  • Dina Bayoumy, Kwangsik Kwak, Torben Boll, Stefan Dietrich, Daniel Schliephake, Jie Huang, Junlan Yi, Kazuki Takashima, Xinhua Wu, Yuman Zhu, et al. Origin of non-uniform plasticity in a high-strength Al-Mn-Sc based alloy produced by laser powder bed fusion. Journal of Materials Science and Technology. 2022. 103. 121-133
  • Kosuke Takagi, Emilia Hashamova, Martin Dienwiebel, Yoji Mine, Kazuki Takashima. Correlation of wear behaviour and microstructural evolution in Mg-Zn-Y alloys with long-period stacking ordered phase. Wear. 2021. 482-483
  • Shohei Ueki, Yoji Mine, Xinyu Lu, Yu Lung Chiu, Paul Bowen, Kazuki Takashima. Effect of geometric lath orientation on fatigue crack propagation via out-of-plane dislocation glide in martensitic steel. Scripta Materialia. 2021. 203
  • Aya Matsushita, Yoji Mine, Kazuki Takashima. Enhanced resistance to fatigue crack propagation in metastable austenitic stainless steel by nanotwin bundles. Scripta Materialia. 2021. 201
  • Yusuke Shimada, Kosei Harada, Yoji Mine, Masahide Yoshimura, Kazuki Takashima. Low-temperature micro-fracture toughness testing of grain boundaries in steel. Materials Transactions. 2021. 62. 4. 570-573
もっと見る
MISC (295件):
もっと見る
特許 (37件):
書籍 (2件):
  • 微小材料試験によるミクロ変形挙動の計測 (降伏強度と組織 研究会報告書II 100-105頁)
    社団法人 日本鉄鋼協会 2007
  • Thin Films - Stresses & Mechanical Properties XI ( Vol. 875)
    Materials Research Society 2005
講演・口頭発表等 (149件):
  • Micromechanical Characterization of Single-crystalline Silicon at Elevated Temperature
    (TMS 2020 149th Annual Meeting & Exhibition 2020)
  • Microstructural Fatigue Crack Growth in Martensitic Steel and Titanium Alloy with Hierarchical Structure
    (The 26th International Conference on Plasticity, Damage and Fracture 2020)
  • マイクロ引張試験による中炭素鋼ラスマルテンサイトの力学特性評価
    (日本金属学会2019年秋期(第165回)講演大会 2019)
  • マイクロ材料試験による材料構成組織の局所的な力学特性評価
    (日本金属学会2019年秋期(第165回)講演大会 2019)
  • Micro-tensile testing of single colonies of Ti-6Al-4V with different lamellar orientations
    (EUROMAT 2019 2019)
もっと見る
Works (28件):
  • 微細金構造の材料強度-試験片の低アスペクト比化の検討-
    2007 - 2008
  • 微細金構造の材料強度-試験片の低アスペクト比化の検討-
    2007 - 2008
  • 微細金構造の材料強度-低アスペクト比試験片を用いた疲労試験の実施-
    2007 - 2008
  • 微細金属構造の材料強度-低アスペクト比試験片を用いた疲労試験の実施-
    2007 - 2008
  • 強化メカニズム解明-破壊メカニクス解明-(熊本県地域結集型研究開発プログラム 次世代耐熱マグネシウム合金の基盤技術開発)
    2007 - 2008
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1980 - 1984 東京工業大学 博士課程 金属工学専攻
  • 1978 - 1980 東京工業大学 金属工学専攻
  • 1974 - 1978 熊本大学 金属工学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
  • 工学修士 (東京工業大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 熊本大学 国際先端科学技術研究機構 機構長・卓越教授
  • 2015/04 - 2021/03 熊本大学 大学院先端科学研究部 教授
  • 2006/04 - 2015/03 熊本大学 大学院自然科学研究科(工学系) 教授
  • 2005/03 - 2006/03 熊本大学 工学部 教授
  • 1997/09 - 2005/02 東京工業大学 精密工学研究所 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2005 - 2006 マイクロマシンセンター MEMSにおける規格化戦略に関する調査研究委員会 委員(2005-2006)
  • 2005 - 2006 マイクロマシンセンター マイクロ・ナノ材料の疲労試験に関する標準化調査研究「調査研究委員会」 委員(2005-2006)
  • 2005 - 2006 マイクロマシンセンター マイクロ・ナノ材料の疲労試験に関する標準化調査研究「標準化推進委員会」 委員(2005-2006)
  • 2004 - 2005 ASME ?
受賞 (7件):
  • 2021/03 - 日本鉄鋼協会 澤村論文賞
  • 2019/09 - 日本金属学会 学術貢献賞
  • 2017/03 - 日本金属学会 谷川・ハリス賞
  • 2013/06 - 日本塑性加工学会 論文賞 摩擦撹拌インクリメンタルフォーミング法の開発
  • 2010/10 - 国際電気標準会議 IEC1906 Award
全件表示
所属学会 (3件):
MATERIALS RESEARCH SOCIETY ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る