研究者
J-GLOBAL ID:200901099901297546   更新日: 2020年07月14日

高島 和希

タカシマ カズキ | Takashima Kazuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.msre.kumamoto-u.ac.jp/%7Esentan/
研究分野 (1件): 構造材料、機能材料
研究キーワード (3件): 破壊と疲労 ,  機械的性質 ,  材料評価
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2019 - 2022 マルチスケール力学試験による耐水素強靭化設計の指導原理の探求
  • 2015 - 2019 マイクロ材料試験による鋼のマルテンサイト強度発現機構の解明と強靭化設計への展開
  • 2016 - 2018 マイクロ単結晶を用いたその場観察破壊・疲労試験法の開発
  • 2014 - 2016 マイクロ材料試験によるMg-Zn-Y合金LPSO相の破壊・疲労機構の解明
  • 2014 - 2016 白色干渉法による破壊過程のマイクロ/ナノスケールその場観察法の開発
全件表示
論文 (44件):
  • Yoji Mine, Yuya Matsuzaki, Kazuki Takashima. Anisotropy of strength and plasticity in single-colony lamellar structure of Ti-6Al-4V alloy. Scripta Materialia. 2020. 177. 223-228
  • Kosuke Takagi, Tsuyoshi Mayama, Yoji Mine, Yu Lung Chiu, Kazuki Takashima. Extended ductility due to kink band formation and growth under tensile loading in single crystals of Mg-Zn-Y alloy with 18R-LPSO structure. Journal of Alloys and Compounds. 2019. 806. 1384-1393
  • Guannan Li, Hongtao Yang, Yufeng Zheng, Xie Hui Chen, Jian An Yang, Donghui Zhu, Liqun Ruan, Kazuki Takashima. Challenges in the use of zinc and its alloys as biodegradable metals: Perspective from biomechanical compatibility. Acta Biomaterialia. 2019. 97. 23-45
  • Mine Yoji, Katashima Shunsuke, Ding Rengen, Bowen Paul, Takashima Kazuki. Fatigue crack growth behaviour in single-colony lamellar structure of Ti-6Al-4V. SCRIPTA MATERIALIA. 2019. 165. 107-111
  • W. S. Chuang, J. C. Huang, P. H. Lin, C. H. Hsieh, Y. H. Lin, K. Takagi, Y. Mine, K. Takashima. Deformation mechanisms and mechanical properties of (0001) Mg-Zn-Y 18R-LPSO single crystals. Journal of Alloys and Compounds. 2019. 772. 288-297
もっと見る
MISC (235件):
  • 坂上拓哉, 松田光弘, 志田賢二, 高島和希, 隅谷和嗣, KERBER Michael, WAITS Thomas. シンクロトロンとTEMによる強加工Zr50Co39Ni11合金の微細構造解析. 日本金属学会講演概要(CD-ROM). 2016. 158th. ROMBUNNO.P118
  • 坂上拓哉, 松田光弘, 高島和希, 志田賢二, 隅谷和嗣, KERBER Michal, WAITZ Thomas. 放射光とTEMによるHPT加工Zr50Co39Ni11合金の微細構造解析. 日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部・軽金属学会九州支部合同学術講演大会講演概要集. 2016. 2016. C6
  • 高島和希, 峯洋二, 大津雅亮. マイクロスケールにおける材料特性評価. 塑性と加工. 2015. 56. 657. 840-844 (J-STAGE)
  • 山室 賢輝, 高島 大樹, 峯 洋二, 高島 和希, ヤマムロ タカテル, タカシマ ヒロキ, ミネ ヨウジ, タカシマ カズキ, Yamamuro Takateru, Takashima Hiroki, Mine Youji, Takashima Kazuki. "その場"観察用マイクロ破壊試験機の開発. 熊本大学工学部技術部年次報告集. 2014. 2013. 2013. 148-149
  • Kazuki Takashima, Masaaki Otsu. Micromechanical Characterization of LPSO Phase in Mg-Zn-Y Alloys. Proceedings of 9th International Conference on Magnesium Alloys and their Applications. 2012. 743-748
もっと見る
特許 (37件):
書籍 (2件):
  • 微小材料試験によるミクロ変形挙動の計測 (降伏強度と組織 研究会報告書II 100-105頁)
    社団法人 日本鉄鋼協会 2007
  • Thin Films - Stresses & Mechanical Properties XI ( Vol. 875)
    Materials Research Society 2005
講演・口頭発表等 (146件):
  • Micromechanical Characterization of Single-crystalline Silicon at Elevated Temperature
    (TMS 2020 149th Annual Meeting & Exhibition 2020)
  • Microstructural Fatigue Crack Growth in Martensitic Steel and Titanium Alloy with Hierarchical Structure
    (The 26th International Conference on Plasticity, Damage and Fracture 2020)
  • マイクロ引張試験による中炭素鋼ラスマルテンサイトの力学特性評価
    (日本金属学会2019年秋期(第165回)講演大会 2019)
  • マイクロ材料試験による材料構成組織の局所的な力学特性評価
    (日本金属学会2019年秋期(第165回)講演大会 2019)
  • Micro-tensile testing of single colonies of Ti-6Al-4V with different lamellar orientations
    (EUROMAT 2019 2019)
もっと見る
Works (28件):
  • 微細金構造の材料強度-試験片の低アスペクト比化の検討-
    2007 - 2008
  • 微細金構造の材料強度-試験片の低アスペクト比化の検討-
    2007 - 2008
  • 微細金構造の材料強度-低アスペクト比試験片を用いた疲労試験の実施-
    2007 - 2008
  • 微細金属構造の材料強度-低アスペクト比試験片を用いた疲労試験の実施-
    2007 - 2008
  • 強化メカニズム解明-破壊メカニクス解明-(熊本県地域結集型研究開発プログラム 次世代耐熱マグネシウム合金の基盤技術開発)
    2007 - 2008
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1980 - 1984 東京工業大学 大学院理工学研究科 博士課程 金属工学専攻
  • 1978 - 1980 東京工業大学 大学院理工学研究科 修士課程 金属工学専攻
  • 1974 - 1978 熊本大学 工学部 金属工学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
  • 工学修士 (東京工業大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 熊本大学 教授
  • 2006/04 - 2015/03 熊本大学 教授
  • 2005/03 - 2006/03 熊本大学 教授
  • 1997/09 - 2005/02 東京工業大学 助教授
  • 1988/04 - 1997/08 熊本大学工学部 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2005 - 2006 マイクロマシンセンター MEMSにおける規格化戦略に関する調査研究委員会 委員(2005-2006)
  • 2005 - 2006 マイクロマシンセンター マイクロ・ナノ材料の疲労試験に関する標準化調査研究「調査研究委員会」 委員(2005-2006)
  • 2005 - 2006 マイクロマシンセンター マイクロ・ナノ材料の疲労試験に関する標準化調査研究「標準化推進委員会」 委員(2005-2006)
  • 2004 - 2005 ASME ?
受賞 (6件):
  • 2019/09 - 日本金属学会 学術貢献賞
  • 2017/03 - 日本金属学会 谷川・ハリス賞
  • 2013/06 - 日本塑性加工学会 論文賞 摩擦撹拌インクリメンタルフォーミング法の開発
  • 2010/10 - 国際電気標準会議 IEC1906 Award
  • 2008/10 - 経済産業省 工業標準化事業表彰(産業技術環境局長賞)
全件表示
所属学会 (5件):
MATERIALS RESEARCH SOCIETY ,  日本材料学会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会 ,  ASME
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る