研究者
J-GLOBAL ID:200901099913628165   更新日: 2021年06月03日

陶 慧

トウ ケイ | Kei TAO
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (10件): 機能物性化学 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  熱工学 ,  熱工学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学 ,  食品科学 ,  食品科学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  電子デバイス、電子機器
研究キーワード (19件): 膜分離 ,  抽出分離 ,  起臨界二酸化炭素 ,  乾燥 ,  食品物性 ,  熱物性 ,  食品加工・食品製造 ,  食品工学 ,  食品 ,  溶解度 ,  吸着 ,  反応 ,  分離 ,  抽出 ,  ガラス転移 ,  水分活性 ,  水分 ,  食品 ,  熱物性
論文 (14件):
もっと見る
特許 (3件):
  • 練製品の半製品,練製品および練製品の製造方法
  • 凍結物の解凍方法および装置
  • アルカリ緩衝点沈殿法による海水多価ミネラルの分離
書籍 (5件):
  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化 第3集
    分離技術会 2020
  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化 第2集
    分離技術会 2018
  • 第6版 冷凍空調便覧 第IV巻 食品・生物編
    日本冷凍空調学会 2013 ISBN:9784889671209
  • 食品加工技術概論
    恒星社厚生閣 2008
  • 実用製造プロセス物性集覧
    分離技術会 2007
講演・口頭発表等 (78件):
  • 凍結乾燥プロセスにおけるコメ澱粉ゲルの水戻り性変化の検討
    (日本食品科学工学会 第66回大会 2019)
  • 超臨界二酸化炭素を溶媒とするカンゾウ根茎部からのグリチルレチン酸の抽出
    (分離技術会年会2019 2019)
  • カルボキシメチルセルロースとアルギン酸の二成分系における製膜条件と膜物性の評価
    (分離技術会年会2019 2019)
  • 疎水性担体(Accurel MP 100)に固定化したホスホリパーゼA2によるリン脂質の加水分解
    (分離技術会年会2019 2019)
  • セルロース並びにキトサンによる高分子膜の調製と物質透過特性および機械的強度の評価
    (日本膜学会第41年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1990 日本大学 食品工学
  • - 1988 日本大学 食品工学科
  • - 1988 日本大学 食品工学科
学位 (1件):
  • 博士(生物資源科学) (日本大学)
所属学会 (12件):
分離技術会 ,  日本食品保蔵科学会 ,  日本冷凍空調学会 ,  化学工学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本農芸化学会 ,  American Association of Cereal Chemists ,  日本食品工学会 ,  日本熱物性学会 ,  Institute of Food Technologists ,  日本熱測定学会 ,  Institute of Food Technologitsts
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る