{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902124191962551   整理番号:94A0558235

そしゃく運動における経路と筋活動の相関関係について

An Evalution of Relationship between Chewing Cycle and Mastication Muscle Activities.
著者 (4件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 649-654  発行年: 1994年06月
JST資料番号: Z0574B  ISSN: 0389-5386  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
引用文献 (25件):
  • 1) 長谷川成男: ヒトの咀嚼運動, 咀しゃくの話, 163-207, 東医歯大顎口腔総合研究施設, 日本歯科評論社, 東京, 1983.
  • 2) 窪田金次郎; 解剖学入門-咀嚼システムへの道-, 1-2, 日本歯科評論社, 東京, 1998.
  • 3) Mongini, F. and Tempia-Valenta, G.: A graphic and statistical analysis of the chewing movements in function and dysfunction, J Craniomandib Pract, : 125-134, 1984.
  • 4) Moller, E., Sheikholesman, A. and Lous, I.: Response of elevater activity during mastication to treatment of functional disorder, Scand J Dent Res, 92: 64-83, 1984.
  • 5) 黒木久幸: 実験的咬合干渉をもつ咀嚼運動路の判別分析と咬合干渉診断への応用, 岐歯学誌, 18: 547-568, 1991.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る