{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902145635276754   整理番号:97A0708098

健常者および椎間板ヘルニア術後におけるMRI像による腰椎硬膜管断面積の検討

Measurement of the cross-sectional area of the dural tube in the lumbar spine on magnetic resonance imaging-Comparison between normal, pre- and post-discectomy conditions.
著者 (1件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 78-84  発行年: 1997年07月
JST資料番号: G0715A  ISSN: 0022-6769  CODEN: JUIZAG  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
健常対照群73例219椎間と,椎間板ヘルニア摘出術を受けた2...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=97A0708098&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=G0715A") }}
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
運動器系疾患の外科療法 
引用文献 (14件):
  • 松林保智. 腰椎椎間板ヘルニア術後MRIの経時的変化について. 臨整外. 1993, 28, 123-129
  • 松林保智. 術後MRIによる腰部椎間板ヘルニア摘出部とその周辺組織の経時的変化. 脊椎脊髄. 1996, 8, 605-609
  • CRAUSHAW, C. The use of nuclear magnetic resonance in the diagnosis of Lateral canal entrapment. J Bone Joint Surg, B. 1994, 66, 711-715
  • 平野典和. 腰椎椎間板ヘルニアに対するMRIの意義. 整・災害. 1990, 332, 1111-1119
  • 戸山芳昭. 椎間板ヘルニアのMRI診断. 脊椎脊髄. 1988, 1, 41-49
もっと見る

前のページに戻る