{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902200794149195   整理番号:08A0931154

東カリマンタンのGmelina arborea人工林における土壌微生物バイオマス及び窒素ミネラル化に及ぼす短期間回転収穫の影響

Effects of short-rotation harvesting on soil microbial biomass and nitrogen mineralization in Gmelina arborea plantations in East Kalimantan
著者 (4件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 251-259  発行年: 2008年05月30日
JST資料番号: L1852A  ISSN: 0917-415X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
土壌における微生物バイオマス及び窒素(N)ミネラル化に及ぼす短期間回転収穫の影響を明らかにするために,著者らは東カリマンタンにおけるGmelina arborea Roxb.(yemane)人工林及び豆科植物被覆作物の混合植栽で研究した。微生物バイオマス炭素(MBC)及び微生物バイオマス窒素(MBN)は,二次林画地におけるよりも人工林画地においておよそ40%から50%まで減少した。MBCは人工林画地において林分年齢と共に増加し,一方MBNは低いままであった。yemaneと豆科植物の混合画地において,MBC,MBN及びNミネラル化速度は,伐採なしの10年間人工林画地のものとほとんど同じであった。しかしながら,これらの値は6年間の人工林の伐採後の4年間の雑木林画地のものよりも高かった。豆科植物被覆作物の混合植栽は,N2固定による土壌栄養影響するであろう。人工林画地における全Nに対するMBNの割合は,MBNにおける減少速度が明白伐採及び人工林により全Nにおけるものよりも高いために,二次林画地における全Nに対するMBNの割合よりも低かった。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林の人工更新  ,  土壌生物 
引用文献 (24件):

前のページに戻る