{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902201574496788   整理番号:09A0517364

電解質溶液中におけるコロイド状金粒子の電気泳動移動度

Electrophoretic Mobility of Colloidal Gold Particles in Electrolyte Solutions
著者 (5件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 4804-4807  発行年: 2009年04月21日
JST資料番号: A0231B  ISSN: 0743-7463  CODEN: LANGD5  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
0.005-0.154Mの塩化カリウムおよびリン酸ナトリウム電解質水溶液中で,5種の異なったサイズの球形コロイド状金粒子の電気泳動移動度を測定した。測定された移動度は電解質の型にはよらず電解質濃度のみに依存した。単純化されたOhshimaの界面動電の式(J Colloid Interface Sci. 2001, 239, 587-590)を用いた移動度の解釈から,有効界面動電電荷密度と粒子の全電荷の大きさは電解質濃度に対し見かけ上一定のままであることが示唆された。KClおよびリン酸ナトリウム溶液中では有効界面動電表面電荷は負である。ゼータ電位はいずれの溶液中においても絶対値で極大を示す(負の値)。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
固-液界面  ,  コロイド化学一般  ,  クロマトグラフィー,電気泳動分析一般 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る