{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902202102687900   整理番号:08A0468316

Streptococcus downei由来の抗原I/II相同遺伝子pahの同定及び特性化

Identification and Characterization of an Antigen I/II Homologous Gene, pah, from Streptococcus downei
著者 (3件):
資料名:
巻: 56  号:ページ: 518-523  発行年: 2008年05月
JST資料番号: H0506A  ISSN: 0343-8651  CODEN: CUMIDD  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
抗原I/IIは,Streptococcus mutansの細胞壁関連蛋白質であり,歯表面への細胞の接着に関与することが知られている。しかし,齲蝕原性S.downeiの抗原I/IIに相同の遺伝子,pahは明確でなくまた調べられていない。本研究では,S.downeiから遺伝子pahをdegenerate PCR法や遺伝子歩行法によって同定した。pah遺伝子の変異体を用いて,免疫学的分析,接着測定,及び唾液誘導凝集分析によって特性化することを目指した。pah変異体のポリスチレンチューブへの接着,及び唾液誘導凝集は親株に比べて低かった。従って,pah遺伝子産物は接着や唾液誘導細胞凝集に関連することを示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
抗原・抗体・補体の生化学  ,  微生物の生化学  ,  遺伝子の構造と化学  ,  歯の基礎医学 

前のページに戻る