{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902203294989099   整理番号:09A0445102

インターネットにおける情報倫理に関する意識の変化 II

著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 77-90  発行年: 2009年03月25日
JST資料番号: L5099A  ISSN: 1348-9208  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
インターネットの急速な普及により,大学の情報基礎教育の中では,インターネットの活用を含めた情報リテラシー教育が行われている。情報基礎教育を行う上では,学生の意識を把握し,授業計画に取り入れることが大事である。そのため,数年来,入学時にコンピュータに関する意識を把握するために,アンケート調査を行ってきた。最近の社会情勢を考慮して,インターネットと情報倫理に関する学生の意識を調査するために作成されたアンケートを利用して,大阪成蹊大学の「コンピュータリテラシーI」を受講する1年生を対象に,初級クラスと中級クラスで4月と7月に実施したアンケートを分析し,各クラスの用語知識と情報倫理意識がどのように変化しているかを分析した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
技術教育 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る