{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902204746621708   整理番号:09A0898743

塩素化グラフェン(Cl-グラフェン)表面とリチウムイオン(Li+)との相互作用: 直接ab initio分子動力学研究

Interaction of Lithium Ion (Li+) with Chlorinated Graphene (Cl-Graphene) Surface: A Direct Ab-Initio MD Study
著者 (3件):
資料名:
巻: 504  ページ: 147-154  発行年: 2009年07月
JST資料番号: B0877A  ISSN: 1542-1406  CODEN: MCLCE9  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩素化グラフェン表面(Cl-グラフェン)と相互作用するリチウムイオン(Li+)の電子状態を混成密度汎関数理論(DFT)により検討し,リチウムイオンの拡散におよぼすグラフェンの塩素化分子の効果を明らかにした。また,直接分子軌道-分子動力学(MO-MD)計算をCl-グラフェンへのLi+イオンの拡散過程に適用した。Li+の移動に対するポテンシャル障壁高さをCl-グラフェンについて2.95kcalと評価した。直接MO-MD計算はLi+イオンは300KにおいてCl-グラフェンのバルクとエッジ領域上で自由に拡散することを示す。Li+とCl-グラフェンとの間の相互作用の性質を理論的結果に基いて検討した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
吸着の電子論  ,  原子・分子のクラスタ 

前のページに戻る