{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902209254784239   整理番号:08A0094518

黒毛和種去勢牛においてと体横断面の胸最長筋及び僧帽筋の画像解析特性のための遺伝的パラメータ

Genetic parameters for image analysis traits on M. longissimus thoracis and M. trapezius of carcass cross section in Japanese Black steers
著者 (4件):
資料名:
巻: 86  号:ページ: 40-46  発行年: 2008年01月
JST資料番号: A0857A  ISSN: 0021-8812  CODEN: JANSAG  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
胸最長筋及び僧帽筋に対する,遺伝的パラメータをコンピュータ画像解析で推定した。パラメータは,アニマルモデルを含むAIREMLF90プログラムを用いて推定した。固定効果はと体市場に到着した日とと殺時月齢で,肥育農場のランダム効果,相加的遺伝効果及び残差もモデルに含んだ。胸最長筋の遺伝率推定値は,筋肉面積,脂肪面積割合,全脂肪交雑粒子の粗さ及び最大脂肪交雑粒子の粗さに対して0.46,0.59,0.47及び0.20であった。僧帽筋ではそれぞれ,0.47,0.57,0.49及び0.13であった。胸最長筋及び僧帽筋において皮下脂肪厚と脂肪面積割合の遺伝相関は-0.21及び-0.19であった。また,胸最長筋と僧帽筋の相関は筋肉面積0.38,脂肪面積割合0.52,全脂肪交雑粒子の粗さ0.39及び最大脂肪交雑粒子の粗さ0.60であった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
牛  ,  飼育動物の育種 

前のページに戻る