{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902209723322519   整理番号:09A0898742

アルカリイオンとアルカリ原子とカーボンナノ材料の相互作用に関するab-initioと分子動力学研究

Ab-Initio and MD Studies on the Interaction of Carbon Nano-Materials with Alkali Ion and Atom
著者 (5件):
資料名:
巻: 504  ページ: 140-146  発行年: 2009年07月
JST資料番号: B0877A  ISSN: 1542-1406  CODEN: MCLCE9  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
グラフェン表面に捕獲されたNa原子の構造と電子状態を密度汎関数理論(DFT)計算により検討し,Naとグラフェンとの間の相互作用を解明した。さらに,直接分子軌道-分子ダイナミクス(MO-MD)計算をグラフェン表面上のNa原子の拡散過程に適用した。7種のグラフェン(n=7,14,19,29,37,44,52)を検討した。B3LYP/LANL2MB計算から,Na原子はグラフェン表面から約3.0Åに位置することが分かった。直接MO・MD計算より,Na原子の拡散はNa+イオンのそれよりもグラフェン表面上で遅いことが分かった。Na原子とカーボンクラスターとの間の相互作用を理論的結果に基いて議論した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
吸着の電子論  ,  原子・分子のクラスタ 

前のページに戻る