{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902212712725299   整理番号:09A1183742

温度範囲5から400KにおけるAl0.5Ga0.5As/GaAs多重量子井戸の光ルミネセンス

Photoluminescence of an Al0.5Ga0.5As/GaAs multiple quantum well in the temperature range from 5 to 400 K
著者 (3件):
資料名:
巻: 106  号:ページ: 093523  発行年: 2009年11月01日
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
意図せずして不純物がドープされたAl0.5Ga0.5As/GaAs多重量子井戸(MQW)の光ルミネセンス(PL)を温度5Kから400Kにおいて測定した。n=1電子-軽ホール遷移(1e-1lh)の強度のn=1電子-重ホール遷移(1e-1hh)に対する比率は温度の逆数の指数関数によって記述できることが判明した。1e-1hh遷移PL強度の励起パワー依存性を,12~20Kの温度ステップで5から296Kの温度範囲で測定した。自由キャリヤ再結合の相対的寄与が5から120Kで徐々に増加してその後は一定であることが分かった。この傾向は,1e-1hh遷移とバルクGaAsバンドギャップとの間のエネルギー差の温度依存性によって確証された。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
半導体のルミネセンス 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る