{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902225430649799   整理番号:08A0546275

不均一パラジウムおよび白金混合触媒の相乗効果を利用したH-D交換反応

H-D Exchange Reaction Taking Advantage of the Synergistic Effect of Heterogeneous Palladium and Platinum Mixed Catalyst
著者 (5件):
資料名:
号:ページ: 1467-1478  発行年: 2008年05月05日
JST資料番号: D0738A  ISSN: 0039-7881  CODEN: SYNTBF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
少量の水素ガス存在下,D2O中で不均一Pd/CおよびPt/C混合触媒を使用する,アルキル置換芳香族化合物の効率的かつ利用可能な重水素化法を開発した。この不均一パラジウムおよび白金触媒を混合使用したH-D交換反応で,興味深い相乗作用が得られ,これら触媒を単独使用したときには低重水素効率しか得られなかった立体遮蔽された部位ですらも,完全H-D交換できた。種々の基質を用いてこの相乗作用を調べ,H-D交換反応における不均一Pd-Pt-D2O-H2系の幅広い一般性を証明した。さらに,この系は,重水素標識化ビス-アニリン誘導体などの有用な重水素標識化化合物のマルチグラムスケールの合成に適用できた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
置換反応  ,  不均一系触媒反応 
物質索引 (18件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る