{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902225432010272   整理番号:09A0105895

ビートトラッキングロボットの構築と評価

著者 (7件):
資料名:
巻: 28th  ページ: 13-20  発行年: 2008年
JST資料番号: L1884C  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ビートトラッキングロボットは音楽から抽出したビートを基に人とのインタラクションを行う。本論文では,リアルタイムにテンポ変化に対応できるビートトラッキング手法として,STPM(Spectro-Temporal Pattern Matching)ベースアルゴリズムを提案した。本手法は,1)音楽音響信号とロボットの自己発生音信号に対する周波数解析,2)時間-周波数領域でのパターンマッチングに基づくビート間隔推定,3)ビート時刻予測からなる。1)では2つの信号それぞれに短時間フーリエ変換を行い,セミブラインドICA(Independent Component Analysis)に基づくボイスキャンセル法を用いた周期性のある自己発生音のキャンセル,メルフィルタバンクによるスペクトル圧縮,ソーベルフィルターによるエッジ強調,オンセット時刻ベクトルの抽出という手順をとる。本手法をHonda ASIMOに実装し,i)音楽区間検出と曲名検索機能からなる音楽認識,ii)足踏み,口ずさみ,歌唱機能からなるロボット制御を備え,音楽と挙動のテンポとビート時刻のずれを最小化するフィードバック制御を導入した。評価実験を行ってテンポ変化への追従速度,ビート予測のノイズロバスト性能,ノイズかでの音楽認識性能を確かめた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
人工知能  ,  ロボットの運動・制御  ,  パターン認識  ,  楽器音響 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る