{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902226594292413   整理番号:08A0836001

大規模マイクロホンアレイによる発話方向推定の検討

Estimation of sound source orientation using a 96 channel microphone array
著者 (6件):
資料名:
巻: 108  号: 143(EA2008 37-44)  ページ: 13-18  発行年: 2008年07月11日
JST資料番号: S0532B  ISSN: 0913-5685  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本稿では,大規模マイクロホンアレイ用いた発話方向推定について報告する。筆者らは,先に音源の指向特性に基づいたビームフォーミング法を提案し,スピーカや人の発話方向推定について報告した,しかし,この手法において,ビームフォーマーの設計に用いる伝達関数は,対象となる音源の伝達関数を用いないと,性能が劣化するという問題点があった。また,発話区間の検出(VAD)も手動で行われているという問題点があった。前者の問題は異なる音源の伝達関数の位相差が主な原因と考えて,振幅伝達特性のみを利用したヒストグラムによる発話方向推定手法を提案した。後者については,非発話区間など信頼できない時間周波数特徴量のみを自動的にマスクするために,内積値に基づく音声周波数成分検出と自己相関を利用した発話区間検出を導入した。評価実験を通じて,スピーカの伝達関数を用いた場合でも,提案手法により人間の発話方向推定性能が大きく向上することを示した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
音声処理  ,  パターン認識 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る