{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902231729671073   整理番号:09A0289515

ツリーに関する第三準同形定理 下向きと上向きが分割統治に導く

The Third Homomorphism Theorem on Trees: Downward & Upward Lead to Divide-and-Conquer
著者 (4件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 177-185  発行年: 2009年01月
JST資料番号: D0915A  ISSN: 0362-1340  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Gibbonsの第三準同形定理は,もし2つの逐次プログラムが同じリストを左向きと右向きにそれぞれ繰り返し,同じ値を計算するならば,同じ値を逐次プログラムとして計算する分割統治並列プログラムが存在することを述べている。リストに関する研究は多数報告されているが,ツリー上の並列プログラムを特性化,開発する研究はほとんどない。本論文では,2つの逐次プログラムがツリー上のスケーラブルな分割統治並列プログラムを誘導する,体系的な構築方法を開発した。リストに関する多数の研究が活用できるように,ツリーよりはパスに注目し,結合則がツリー上のスケーラブルな分割統治並列プログラムに対する良い特性化を与えることを実証した。さらに第三準同形定理を,リストからツリーに一般化した。この結果は,すべての多項式データ構造に対し良好に成立する。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機システム開発 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る