{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902233616043168   整理番号:09A0444858

開咬を伴う変形性顎関節症に対しIndirect Bonded Splintを応用して顎間牽引療法を行った一症例

著者 (7件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 1-4  発行年: 2009年04月20日
JST資料番号: L1684A  ISSN: 0915-3004  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
開咬を伴う変形性顎関節症にインダイレクトボンデッドスプリント...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=09A0444858&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=L1684A") }}
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
歯と口腔の疾患の治療一般 
引用文献 (6件):
  • 上村修三郎. 顎関節疾患に関するX線診断学的研究. 歯放. 1979, 19, 224-237
  • RICKETTS, RM. Clinical implications of the temporomandibular joint. Am J Orthod. 1966, 52, 416-439
  • 中筋幾子. Indirect Bonded Splint (IBS) を用いた顎間固定法の考案. 日顎誌. 2008, 20, 182-183
  • ARNETT, GW. Progressive mandibular retrusion-idiopathic condylar resorption, Part I. Am J Orthod Dentofac Orthop. 1996, 110, 8-15
  • 清水敏郎. 開咬と顎口腔系の機能異常. 開咬-その基礎と臨床. 1979, 227-233
もっと見る

前のページに戻る