{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902237013702839   整理番号:09A1054987

ガス駆動透過とプラズマ駆動透過の下に於ける水素透過及びPd0.75Ag0.25膜の透過性に及ぼすH2OとCOの影響

Hydrogen permeance and the effect of H2O and CO on the permeability of Pd0.75Ag0.25 membranes under gas-driven permeation and plasma-driven permeation
著者 (3件):
資料名:
巻: 155  号: 1-2  ページ: 55-61  発行年: 2009年12月01日
JST資料番号: D0723A  ISSN: 1385-8947  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Pd0.75Ag0.25膜の水素透過率を,純粋なH2,或いはH2とCO及びH2Oの混合物の存在下,温度範囲300-773K,常圧に於いてガス駆動透過(GDP)とプラズマ駆動透過(PDP)の下に測定した。膜を通した透過率のArrheniusプロット対温度の逆数は中間温度域で小さいピークを示し,低温度と高温度領域で異なる活性化エネルギーを示した。実験データは又H2OよりCOのより顕著な透過性への影響と,GDPとPDPの類似の影響を示した。COによるより強い抑制はCOとPd間の強い相互作用によるものであり,この影響は623K以上の温度では除去された。Copyright 2009 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
膜分離 
引用文献 (1件):
  • Effects of High Concentration CO and CO2 on Hydrogen Permeation through the Palladium Membrane
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る